teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


須源蔵の写真

 投稿者:氏原 学  投稿日:2018年 5月 8日(火)16時13分8秒
返信・引用
  このHPは更新を重ねているうちに乱れてきて、作り直しを考えています。
そのためほとんど覗いてなくてごめんなさい。
須源蔵(スゲンゾウ)の写真今月の20日までに載せますのでお待ちください。
新緑の故郷をご期待ください。
 
 

(無題)

 投稿者:K-M  投稿日:2018年 1月13日(土)22時47分44秒
返信・引用
  スゲンゾウのいまがみたいので写真をお願いいたします。  

なつかしい

 投稿者:森尾健志  投稿日:2018年 1月 8日(月)20時07分8秒
返信・引用
  いろいろ見ているうちにたどり着いた。故郷を離れ30年。帰りたいけど体調などの問題で帰ることができません。更新を楽しみにしてます。
私はスゲンゾウ出身です。
 

大豊町

 投稿者:仙台新港好き  投稿日:2016年 1月13日(水)01時13分51秒
返信・引用
  大豊町に関心があり、ホームページを目にしました。
頑張っておいででしょうか。

https://www.youtube.com/user/ToshiJapon

 

仲間は?

 投稿者:松下  投稿日:2015年 8月29日(土)10時58分52秒
返信・引用
  大学の職員さんだったということですが、たくさん職員さんがいらっしゃるとは思いますがそのかたがたに協力をあおぎ定年後移住する契約を結ぶなどまずは身近な周りから働きかければいかがなものでしょうか?

退職者であればお金に執着する必要もなく医学部の退職者を何人か氏原さんやほかのかたが努力すれば医療の心配も軽減されるはずですが。



> 退職後に自分ができることを考えたことであって、使命感を抱いたものではありません。若い世代が何かをしたいと考えた時に一つの選択肢として怒田があるとしたら幸せです。
> 山村での暮らしを考えると農業や林業や製造業や兼業もあるでしょう。必要な収入も子育てをどうするかで大きく違ってくると思います。その点で私達の世代は、社会保険制度、年金制度、教育制度の在り方を真剣に考えて行く必要があると思います。現金がないと暮らして行けない社会に傾斜していることが問題だと感じています。
 

若い世代に

 投稿者:氏原 学  投稿日:2014年12月 7日(日)21時17分18秒
返信・引用
  退職後に自分ができることを考えたことであって、使命感を抱いたものではありません。若い世代が何かをしたいと考えた時に一つの選択肢として怒田があるとしたら幸せです。
山村での暮らしを考えると農業や林業や製造業や兼業もあるでしょう。必要な収入も子育てをどうするかで大きく違ってくると思います。その点で私達の世代は、社会保険制度、年金制度、教育制度の在り方を真剣に考えて行く必要があると思います。現金がないと暮らして行けない社会に傾斜していることが問題だと感じています。
 

若い世代に

 投稿者:マッチポンプ  投稿日:2014年12月 6日(土)19時19分0秒
返信・引用
  > No.45[元記事へ]

氏原 学さんへのお返事です。

こちらこそ、返信をいただいていたにも関わらず返答もせずみ申し訳ありません。

生まれ育った地域が存続が危ぶまれるような状況に陥ることに対して平穏ではいられないお気持ち十分理解できます。

若い力に期待する、頼るという方向性は私たちも同じです。

氏原さんのように、退職後に同じ考えに賛同されて移住された方はいらっしゃいますか? あと、山地で若い世代に必要であろう生産物や生産額はどれぐらい必要になるでしょうか? あと、技術面や生活面での苦労などあればおしえていただけますか?
 

マッチポンプさま

 投稿者:氏原 学  投稿日:2014年11月24日(月)19時31分24秒
返信・引用 編集済
  返事が遅くなり申し訳ありません。最近チェックを怠っていました。
高知大学の新学部である地域協働学部に関心を寄せられておられる方と判断し、書かせていただきます。
 学生の多くは、都会育ちであり又地方でも昔のように世帯のなかの働き手としては認められず、勉強や部活に専念しています。つまり炊事・洗濯・掃除を自主的に計画的に行う経験も乏しいと思います。こうした学生にとって怒田で何を学びとさせることが出来るかを考えました。学生は怒田に行くと何かの作業をさせられることになっていますので、体調を整えること、服装を考えること、食事を用意すること、携帯電話(メール)の対応を考えることなどが事前の準備です。怒田に来たらまず挨拶、そして作業準備ですが、ここでは地域の人に若さや元気ややる気を示して欲しいものです。作業は集団、グループ、ペア、1人と様々ですが、2~3人での作業が望ましいと思っています。そこでは相手を良い仲間かと問う前に自分が良い仲間であるかを問う姿勢を求めています。作業が始まれば、緊張感が長続きしない、話し掛け始める、作業の手が止まる学生が見える一方でコツコツと作業を進める学生もいます。私にとっては、どちらも問題で、与えられた作業を集団で行うことは、お互いに協力して成し遂げることですので、ここに自律性や指導性を求めています。初期段階の学生の学びはこんなことを考えています。
 一般的には、過疎・高齢化で苦しんでいる地域に若い学生を入れて、地域の人の思いを聞き、一緒に農作業をすることが始まりと思いがちですが、学生側に高齢者の話を理解できる経験や知識、地域の人が期待する農作業を行える技能や体力が必要ではないかと考えてのことです。
これがクリアできれば、地域に入って自らが課題や問題点を発見できるだろうし、地域のために何を学ぶべきかを学生自身が決めて行くと思っています。
 大学との関りは、大学で事務職員をしていたことがありますが、最初は集落の今後を記録に残して欲しいとの思いから大学にお願いしました。今は地域の教育力を試して見たいとの思いがあります。 答えになってないかもしれませんが、少しでも中山間地域の現状を理解している若い世代が増えることは良いことですね!!
 

学べること

 投稿者:マッチポンプ  投稿日:2014年11月 9日(日)16時58分39秒
返信・引用
  学部の新設より検索でたどり着いた次第です。

一人の協力者ということで日々奮闘されていることと思います。高齢化や過疎化は大きな問題との認識をもっており子供世代には大問題になっていそうです。

学生が学べることをよろしければおしえてください、またなぜ氏原さんが関わるようになったのかよろしければ教えてください。
 

高知県の怒田から

 投稿者:氏原 学  投稿日:2013年 8月22日(木)21時10分52秒
返信・引用
  私も「怒田」で検索し神奈川県にも怒田の地名があることを知っていましたし、以前、そちらの出身者の方から「怒田」の地名の由来についてメールをいただいた事があります。今日も愛知県の方が来て何と読むか聞かれましたが、なぜ「怒」なのか不思議そうにしていました。ともあれ「怒る田んぼ」も売りになるかなと思うこの頃です。よろしくお願いします。  

レンタル掲示板
/5