teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


金田正一氏のフォーム

 投稿者:プロ野球を考えるもん  投稿日:2018年 8月14日(火)17時24分51秒
   
 

腹の立つ試合だったよ

 投稿者:プロ野球を考えるもん  投稿日:2018年 8月12日(日)21時12分56秒
  糸井のホームランが出て、今日も完全な勝ち試合パターンだった。

馬場の成長のためとはいえ、腹がたつ。
馬場はストレートも150キロ出てないから、制球がなければ通用しない。
が、まったくコントロールはない。
プロ入り初登板のときも、結果的には点が取られてなかったが、内容はダメ。

岡本は点を取られましたが、コントロール、変化球の切れもいい。

それから、
岩崎。ぼくはこの投手はリリーフタイプでないというのにいまだにリリーフ。
いつも打たれる。先発で自分のペースに持ち込むのが持ち味。2軍へ。

ロサリオ。
3打席連続三振。やはり落ちる変化球が打てない。
昔、カークランドという選手がいて、ホームランか三振だった。
ロサリオもカークランドと思ってみてたら腹もたたない。6番がいい。

鳥谷は久々のサードなのか、強い打球を2回処理できなかった。

ホームランが出る野球はいいが、いつかホームランが出なくなる。
そのとき必要なのが、盗塁技術のある選手。
走れる選手が3人(2軍も含め)います。育てないと。
馬場よりもそのほうの優先順位は上。

坂本のリード。
スライダーばかり。打者をみず、スライダーで組み立てるばかり。
 

(無題)

 投稿者:プロ野球を考えるもん  投稿日:2018年 8月10日(金)22時43分6秒
  今日はいい勝ち方だった。

金さんでもみるか
 

糸井はプロレスラーでも一流選手になっていたよ

 投稿者:プロ野球を考えるもん  投稿日:2018年 8月 9日(木)21時40分55秒
編集済
  今日の糸井ラリアットは効いた。
ドームでなけりゃ、180メートル飛んでたよ。




球児の炎ストレート。
ドリスの脱力投法なら、キレがあるのか、142キロでも抑えられた。
桑原も抑えた。

あと、デッドボールくらった北條は、金本監督に電気機械を貸してもらえ。
くらったところに電気を通すと、治るらしい。金本監督が詳しい。

それから、
桑田氏が話してましたが、
コーチは「ランニングしとけ」ではダメで技術を教えないと。

数年前の阪神の2軍は、技術は教えず、道徳だけ教える、そんな組織だった。
今はかなりかわりました。
でももっとかわらないと。

ヤクルトは技術を教える。
バッターならファールの打ち方。内角を片手でのさばき方。
など、

素人考えですが、
中谷は王選手のように背番号が見えるぐらいひねってかまえる。
なら、王選手のようにスタンスの幅を短くしたらどうか。



糸井のラリアットは、ハンセンより威力あるんじゃないかな。

糸井はプロレスラーでも一流の選手になっていたよ。


PS 糸原は最後の打席、内角ストレートをファーストゴロ。
  内角にストレートが来たら、ホームランできるようにならないと。
  その他の球はレフト前ヒットでいいよ。





 

(無題)

 投稿者:プロ野球を考えるもん  投稿日:2018年 8月 8日(水)22時03分29秒
  今日の敗因は、ナバーロの起用。
きのう、福留-糸井のいい流れができたというのに。
福留がへばるまで、この流れでいかないと。

ナバーロは縦の変化に対応できると思ってましたが、違った。


 

いかに甘い球を打つか

 投稿者:プロ野球を考えるもん  投稿日:2018年 8月 7日(火)21時48分14秒
  今日のヒーローはロサリオ。
ですが、ホームランの後の打席がダメ。
追い込まれてないのなら、アウトコースの落ちる球、カーブは振るな。
山本浩二氏が「バッターはいかに甘い球を打つかにかかってる」と。
逆に言えば、低い球に手をださないということ。

それから、セカンドとファーストの間にフライが上がった。
ロサリオがとりましたが、糸原がとらないといけない。
ロサリオのミスも考えないと。

それから、岩貞。
チェンジアップはもう5キロ遅い球にしないと。
相手の内海は、チェンジアップを投げるとき、右足は上げず、アウトコースいっぱいのコントロール重視。
こんなのも参考にしないと。

最後に、中谷。
中谷は、ストレートをセンターバックスクリーンに放り込めないと将来性なし。
センター方向は上体だけで打っているから飛ばない。
真弓氏のように、上から全身で叩くバッティングができないと、レギュラー無理。

 

藤浪を使わないと

 投稿者:プロ野球を考えるもん  投稿日:2018年 8月 6日(月)02時38分0秒
  きのうの関東では、タイガース戦はテレビもラジオも放映ありませんでした。

結果からみますと、
桑原、能見、藤川、ドリスがよかった。
糸原の3打席連続三振、こんなこともあるんだね。

糸井は死球でダメ押しの打点を上げましたが、
骨の具合が悪ければ、休んだほうがいい。

藤浪は使わないといけない。
きのうの小野もファーボールが多かった。
藤浪はナイーブな性格。徹底的に練習させ、1軍でも登板を。

それが将来のタイガースのためになる。
 

植田 なぜそんなにバッティングが悪いんだ

 投稿者:プロ野球を考えるもん  投稿日:2018年 8月 5日(日)09時11分22秒
編集済
 

きのう、糸原の3塁打。北條の犠牲フライで勝ちました。
が、野球通なら見逃してはいけない選手が。

糸原打席のとき、ランナーが植田だったこと。
ピッチャーは何回もけん制。いるだけでこれだけピッチャーにプレッシャーを与える。

糸原の3塁打で一気にホームイン。
いい走力をもっているのだから、打たないと。なんで打てないんだ。

遠山桜はいつ咲くのか。
ヒザが痛い、腰が痛いなんて、北陸富山では言ってられない。


PS 北條はバントの練習をしないそうじゃないか。
  長打力ないんだから、バントと走塁の練習しないと。
  あのミスター藤村氏は、物干し竿をもつまでは2番バッターでライト打ち専門だった。

 

メッセンジャーは155キロ投げないと

 投稿者:プロ野球を考えるもん  投稿日:2018年 8月 5日(日)08時59分59秒
編集済
  メッセンジャー ここんところ打たれてます。
なぜか。メッセンジャーといえば155キロの剛速球で、粘りのバッティングを力でねじ伏せる。
こんなイメージですが、きのうのストレートは142キロしか出てなかった。
だから山田に粘って打たれる。

もう一度、身体を鍛え直して155キロを。
 

勝つ確率の高い采配を

 投稿者:プロ野球を考えるもん  投稿日:2018年 8月 5日(日)05時32分44秒
編集済
  野球とは確率のスポーツ。より勝つ確率の高い采配をしないと。
7回の采配。梅野が2塁打。ノーアウト2塁。まずぼくならバントなんかしない。
タイガースの選手は得点圏でも軽打せず、振り回すから、3塁に送らないと点が入らないのでしょう。
バントはセカンドに送るとき。絶対1点がほしいときはサード送りもする。

ここでバント目的で岡崎を代打。ピッチャーが暴投を投げ、梅野はサードに進む。
この時点で、岡崎代打の目的は達成した。なんで原口の代打をしないのだろう。
ノーアウトだから、糸原、北條がなんとかすると考えたのだろうか。
いい当たりでも野手正面をつきダブルプレイということもある。
だから、点のとれる確率が高い采配をしないと。岡崎は三振だった。


ヤクルトのバレンティンはホームランバッターですが、9回、得点圏には軽打で打点をあげていました。
中谷は得点圏でも大きなスイング。軽打できないのか。
陽川がバットを折りながらの執念のヒット。
ロサリオはなんとかファーボールでつないだ。
そして、中谷。大振りし初級セカンドフライ。何やってるんだ。

アッパー気味のスイングを上から大根切りで軽く叩くことはできないか。
アッパーで打ったり、大根切りしたりしないと。打率230では話にならない。

張本氏が言ってましたが、
ホームランバッターは打球の方向は左中間。
ポール際ではファールになる。
 

レンタル掲示板
/171