teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]
あなたも高機能な無料レンタル掲示板を作りませんか?
作成は、こちらから→

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


初めての南アフリカ旅行

 投稿者:M.Oメール  投稿日:2004年12月29日(水)21時31分7秒 206.122.113.221.ap.yournet.ne.jp
返信・引用
  11月9日から約一週間、初めて南アフリカまで行ってきました。さすがはアフリカ大陸でわくわくどきどきの楽しい旅行となりました。南ア全般の印象としてはアフリカらしいところも見られましたが欧州諸国、特に英国の植民地風情を色濃く残していると感じました。1991年アパルトヘイト撤廃後、1994年にネルソン・マンデラが大統領に就任して以来現地アフリカ人による政治と経済開発が行われていますが、一部特権階級が政財界を牛耳って財閥化し、大衆は貧困にあえいでおり失業率も30%を超え、大都会では50%に達していると聞きました。そうしたなかで南ア政府は観光開発に力を入れていて、ヨーロッパからの観光客に加え、日本、中国からの観光客も徐々に増えているようです。但し、観光客にとり問題なのは治安が悪いことで、この問題を南ア政府が徐々に解決できれば観光資源は豊富なため日本人にとり中々魅力的で面白い国であると思いました。私たちは関空から香港経由、ヨハネスブルグに到着、郊外の巨大な人工リゾート、サン・シテイを訪問。カジノのあるサンシテイ・ホテルに一泊しました。翌日サファリを体験してヨハネスに引き返し、ヨハネス郊外の旧黒人居住区ソウェト・タウンシップを見学したあと、ヨハネス市内のメルローズ・ホテルに泊りました。3日目は早朝ホテルをチェックアウトし首都プレトリアに向かい午前8時50分発の豪華列車「ブルートレイン」に乗車、ケープタウンまで27時間の旅に出発しました。車窓からは色々自然の変化が見られ、概ねサバンナの草原ですが、山岳地帯もあり、フラミンゴが乱舞する湖や紫色の鮮やかなジャカランダの満開も見ることができて飽きることはありませんでした。ソファーが寝台に早代わりした個室の中で一泊し、途中、線路の分岐でポインターの切替え手違いにより他の線路に入り込むハプニングもあり、定刻より約1時間遅れて翌日午後1時過ぎにケープタウンに無事到着しました。昼食後、雲ひとつ無いテーブルマウンテンにロープウェーで登り山頂から素晴らしいケープタウンの街とテーブル湾の眺めを満喫しました。夕方ケープタウン港に面したウオターフロントの散策とショッピングを楽しみ、名門ホテル「ケープグレース・ホテル」で夕食を楽しんだあと、「テーブルベイ・ホテル」に宿泊しました。翌朝、ケープ半島一周観光に出発、待望の喜望峰を訪れました。半島の海岸線から鯨5-6頭の遊泳を目撃し、潮吹きも見ることが出来て、又途中の草原で自然のダチョウやヒヒにも会い感激しました。そして翌日ケープタウンを出発、無事8日間の旅を終えて関空に戻ってきました。
ヨハネスブルグの印象:
今回は個人旅行では見学が中々難しいと言われているヨハネス郊外のSOWETO(South Western Township旧黒人居住区)をガイドの案内で見学できて、おっかなびっくりではありましたがユニークな経験をしました。巨大な旧黒人居住区のなかでもビバリーヒルズと呼ばれる高級住宅からトタン・木の切れ端で出来た極貧民街まで様々な状況を見てアパルトヘイト政策の異常さと黒人の貧しさの一端を垣間見ることが出来ました。昼食を個人経営のボンギーズ・ファミイリーレストランでとり、南ア家庭料理を食する珍しい機会に恵まれました。夜もヨハネスブルグで人気のアフリカン・レストランでアフリカ料理を食しましたが、中味は色々工夫され悪くないと感じました。しかし味付けはヨーロッパの影響を強く受けているようです。
サン・シテイの印象:
ヨハネスブルグより北西に130KMのアフリカ荒野の中にあるピラレス国立公園に隣接して人工的に創られた壮大なテーマパークで高級ホテル、カジノ、ゲイリー・プレイヤー設計のゴルフ場、テニスコート、巨大プール付遊園地等があり優雅な休暇を過ごすことができるところです。翌早朝5時起きでピラレス国立自然公園を3時間サハリ・ドライブしましたが、全く自然の状態でアフリカ象、キリン、しま馬、ヌー、かば、シロサイ、インパラ、猿、などを見ました。残念ながら一番見たかったライオンは見られませんでした。
 
 

バンコク滞在

 投稿者:金田光功   投稿日:2004年12月20日(月)21時47分49秒 YahooBB219027076138.bbtec.net
返信・引用
   バンコクの朝は、6時頃屋台が出始め、朝食の支度からスタートします。揚げ物、串刺しの焼き肉、ご飯とたれ、スープなどの屋台が歩道を占領して店開きします。7時頃には出勤する人や登校する生徒、近所のおばさん風の人が、屋台のテーブルに座って朝食を摂ったり、ビニール袋に好みのおかずやたれ、ご飯入れてもらって持ち帰ったり、あるいは弁当にするのか袋をぶらさげてバイクタクシーに乗って出かけていきます。屋台のそばには黄色い袈裟を着たお坊さんが托鉢をしています。出勤時間帯の交通はものすごく迫力があります。信号が青になると、3,40台のバイクが大きなうなり音をあげて飛び出していき、その後を車、タクシー、toku-toku、バスが固まってかけだしていきます。その様子は、大都市バンコクのエネルギーそのものです。昔「神風タクシー」という言葉がありましたが、ここではタクシーだけでなく、神風バス、神風バイク・・・と言えます。道路を横断するときなどは、タイの人を見ていて一緒に渡ることにしていました。
 感心したことは、タイの多くの人たちが、病気にならないかと気になる環境の中で、元気に生活していることや日本人から見ると貧しい暮らしの中でも優しさやおっとりして物腰の柔らかな振る舞いが見られたことでした。滞在中リラックスし、安心して過ごせたのは、タイの人たちのおかげかと思っています。
 11月の初めはまだ暑くて日中に戸外を歩くのは大変でしたが、12月にはいると朝夕は結構涼しく最高気温も28℃くらいになりました。物価は安く、日本の半分以下でしたが、旅行者向けのものは何でも高く日本とあまり変わらないように思いました。食事は、サービスアパートメントで自炊していましたので、生活費は安くあがりました。屋台で食べるのも安くすむそうですが、香辛料が合わないのと下痢をするのが心配で今回は控えました。交通費は、アパートが電車(地下鉄・スカイトレイン)の駅から遠く、歩くと15分位かかっていたのですが、バスに乗るようになって、安く便利になりました。
 1ケ月も過ぎると早く感じるのですが、何をするかが一番の悩みです。市内観光、少し離れたアユタヤ観光、チェンマイへ3泊2日(往復夜行列車利用)、ゴルフ、フィットネス(アパートにあって無料で利用できる)、食料の買い出し(ほとんど毎日スーパーに出かける)、日本製ビデオ・DVD を見る、NHKTV (バンコクではリアルタイムで視聴できる)、マッサージ、パソコン、地元の人との交歓などをしました。
 次回は、バンコクは少し騒々しいので、チェンマイにしたいと思っています。
 

テネシー州ナッシュビルの生活体験

 投稿者:土井幸夫メール  投稿日:2004年11月21日(日)17時44分36秒 39.122.113.221.ap.yournet.ne.jp
返信・引用
  テネシー州の州都ナッシュビルに思わぬことから数週間滞在することになりましたので、その一部を報告致します。ダウンタウンには、昼間からギター片手にライブをしてくれる店が並んでいて、ぶらりと入っても$3強の小瓶ビールのラッパのみで、好きなだけ店に居て気軽に生の音を楽しむことが出来ます。ナッシュビル隋一のラウンジで、街の名物おばさんが経営するカントリーファンに人気の「Tootsie’s Orchard House」という店には、古ぼけた店内の壁に往年のスターの写真や歌手達のサインが一杯掛かっており、栄光への涙と笑いのドラマが凝縮しているかのようでした。また、アメリカは中古車市場も活発で、トヨタや日産の車両に人気が高く、売買単価も日本の常識とは異なり高価格で引き取ってくれることが分かりました。その他、レストランの料理もボリュームがあって、「大きいことは良いことだ」を地でいっている感じでした。ガロン、ポンドが単位の世界ですから、すべてが日本の3~4倍もあって、食料・ガソリン等、消費税が10%近く掛かりますが総じて日本よりずいぶん割安に感じました。ちなみにゴルフのグリーンフィーは日本の約1/3~1/4位で、週末でも$1~2しか割高にならず、ウイークデーより客が少ないのも不思議な現象に思いました。生活していて、最も印象的だったのはゴミの処分で、分別の必要が全くなく、生ゴミ、プラスチック類、缶類、ビン類等々全てお構いなしに、ゴミ袋に詰めてダストシュートに放り込めばOK。日本の25倍の面積をもつ大陸ならではの大らかさなのでしょうか?当地は気候温暖な南部にあって、生活もし易く、治安も全米で最も安全な街の一つといわれています、総じて人々の性格も気さくで親切な感じがしました。 2004年10月  
 

マレーシア キャメロン・ハイランド情報

 投稿者:金田光功メール  投稿日:2004年 9月21日(火)20時03分50秒 69.122.113.221.ap.yournet.ne.jp
返信・引用
  [位置]前回、悪天候の為に行けなかったキャメロンハイランドに今回、機会を得たので行って参りました。マレーシアの首都クアラルンプールから北へ219km、標高1500mくらいの所にある避暑地です。クアラルンプール国際空港からタクシーで4時間(約\9000)、バスで5時間(約\400)位掛かります。町の中心はタナラタ。4.5.1011月は雨が多いが、この時期以外は快適に過ごす事ができます。7月下旬で日中は20℃前後ですが、夜は毛布で寝ていると寒いくらいでした。
[宿泊施設]ホテル、アパートメントはたくさんあり、キャメロン会の会員になると割引になるところがあります。ヘリテージホテルの場合、1-6泊(朝食付き)すると1泊約\3900(税込み)、7-13泊すると約\3600、14-24泊すると約\3300になります。(1泊料金1RM=\30として。)
[食事]昼・夕食は主として外食になりますが、マレーシア料理、インド料理、中華料理、西洋料理店があり、何れも\300位でお腹は一杯になります。他にコンビニや小さな食料品店があります。
[諸活動]①ジャングルウォーク ②ゴルフ ③サークル活動(日本人のロングステイヤーが多く、いろいろな活動をされているようです。例えば、日本語教室の先生、英語学習、テニスクラブ、囲碁サークル等があります。)小さな町なので活動は限られますが、生活スタイルをどうするかによって快適に過ごせるかどうかが決まると思います。
 

豪州ゴールドコースト生活体験提案

 投稿者:大槻光雄メール  投稿日:2004年 7月12日(月)20時17分24秒 29.122.113.221.ap.yournet.ne.jp
返信・引用
  先月、5月に豪州ゴールドコーストにあるHope Island Resortに約一週間滞在し、同リゾートがロングステイに適した環境かどうかをチェックをして参りました。結果は、私共の判断では一応合格と思われます。住居並びに周囲の環境は素晴らしく、セキュリテイもしっかりしており楽しく過ごせるところも色々あります。問題はレンタカーが必要なこと、外食する場合、レストランは比較的高いこと、但しファーストフッド店・ショッピングセンターのフッドコート等探せば安いところもあります。ゴルフ場の数は多いんですが、グリーンフィーはあまり安くないこと(A$50-150)等があります。11月に現地で生活体験を希望される方はご連絡下さい。
 

マレーシア・ペナン島体験ツアー

 投稿者:金田光功メール  投稿日:2004年 3月14日(日)15時18分16秒 147.122.113.221.ap.yournet.ne.jp
返信・引用
  10日間のマレーシア半島縦断旅行から帰ってきたところです。マレーシアのペナン島に2日滞在し、長期滞在用のホテルやコンドミニアムを見てきました。観光の合間に行ったので2つしか見られなかったのですが、町の様子や交通の便など少し体験できました。キャメロンハイランドにも行く予定でしたが、大雨で土砂崩れがあり道路が通行止めになり今回は残念ながら訪れることができませんでした。ペナン島については後日簡単な報告をさせていただきます。
 

久しぶりのシドニー訪問

 投稿者:大槻光雄メール  投稿日:2004年 2月29日(日)12時59分16秒 147.122.113.221.ap.yournet.ne.jp
返信・引用
  最近久し振りにシドニーを訪ねてみて、約20年前と比べてその変わり様をいくつかお伝えします。

1 料理の種類が豊富になり、かつ、美味しくなり、数え切れないほどの日本レストランが出来ていることです。もともと魚はタイ・マグロ・ひらめ・サーモン・えび・ロブスター・牡蠣など沢山新鮮なものが捕れますのですし・刺身は美味しくいただけます。ただし一流レストランの値段が日本と変わらなくなってきた(量はべつとして)のは残念です。昔はコーヒーもまずかったのですが米国のスターバックス・グローリアジーンズ等が入ってきて街のそこここに沢山Cafeが出来て、ビールを飲まなくても、ゆったりとくつろぐことが出来ます。
 
2 人口が増え(1500万人からつい最近2000万人になった)アジア系もかなり目立ち、シドニーの街中は観光客も含め人が多く、まるで東京の渋谷か、大阪の心斎橋を歩いているような感覚になりました。とは言っても至る所に緑と花と公園があり、そぞろ歩きにショッピングなど老若男女全てが楽しめる街であることには変わりありません。

3 不動産バブルが再び始まっていることです シドニーオリンピックの時に随分値上がりしましたが、今回さらに値上がりしており、現地の人も狂乱価格だといっております。従い住宅の購入も、賃貸も共に値上がりが激しく今回長期滞在用の賃貸物件を調べましたが、私たちの満足のいく物件はアパート(ステユデイオ又は1-2ベッドルーム)で最低15万円以上します。
しかしこのままの状態がそう長く続くとは思えませんが問題は人口増です。日本の東京と同じように一極集中で皆が仕事のあるシドニーに集まり、移民が継続的に流入しているため現地の不動産市場は強気です。

4 ゴルフはパブリックコースでしか安直・容易にプレイ出来なくなってきていることです。
一流コースを含め一般のプライベートゴルフクラブは会員との同伴以外認めないか、あるいは週日に一部だけビジターのみのプレイをたとえ認めてもグリーンフィーを200ドルから300ドル取ることです。そうは言っても青空の美しさと海と街並の美しさ、特に郊外住宅地域並びにあちこちに
展開するビーチとヨットハーバーの素晴らしさは変わっていません。何日いても飽きない街で何度も訪れてみたい都市です。安く済む方法は更に根気良く調べれば、必ず見つけることが出来るよう
な気がして今回シドニーを後にしました。
皆さんも是非訪ねて見られることをお勧めします
大槻 光雄
 

レンタル掲示板
/7