teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


Re: 環境テスト HDP-4

 投稿者:大分のTN  投稿日:2018年12月29日(土)17時14分59秒
返信・引用
  八王子のSさんへのお返事です。

環境温度試験のご報告,ありがとうございました。大変参考になる実験報告です。

> ただし、どの温度においても5番目のリレー(ミュート?)は作動せず、クリズラボ製のレベルメーターは「点滅」のままでした。 後段にパワーアンプを接続していないのが原因なのか、これは私には判断はできません。

これはHDP-4内の信号処理部にディジタル信号が入力されていないと「5番目のリレー」は動作しない設計になっているようですね。HDP-4の入力をアナログに設定しておくと,入力信号を入れなくともこのリレーは動作しますのでご心配無用かと思います。

私のHDP-4で起きたハードウェアトラブルは,出力のミュート用リレーの接点トラブルで,これは栗原さんの方であっという間に互換品(オムロン製で多分,こちらの方が信頼度が高いと思われます)で換装頂きました。

この程度の,しかも再現性の心配もないトラブルですと栗原さんにとっては「朝飯前」の対処だと思いますが,今回の問題のように「再現性に難」のあるトラブルですと,問題発生の要因を突き止めることからして非常に困難を伴う作業になります。

特にHDPのようにアナログとディジタルが混在した複雑なシステムでは,栗原さん一人のマンパワーですべてのトラブルに対応するのは至難の業だと思います。

個人的には雪まるださんもおっしゃる

> 個人的には栗原さんが直せるのでしたらそれがベストです。
> もしも栗原さんがうまく治せなかったらオーストラリアで修理というわけにはいかないのでしょうか?

という基本案に賛成です。また,

<雪まるださん>

> 皆さんデックスが好きで長く愛用したいのだと思いますので力を合わせて良い方向に行く事を望みます。

<えぽ吉さん>

> 栗原さまには、ぜひとも早急に結論を出してしまわれずに、善処策をご検討いただければと思います。
> これからもずっと安心して使い続けていくために、ぜひとも積極的な、しかしご自身の負担にならないように、サポートを続けていってくださるようお願い申し上げます。

というご意見にも大賛成です。
 
 

修理用代替機があれば違いませんか?

 投稿者:えぽ吉  投稿日:2018年12月29日(土)15時18分42秒
返信・引用
  栗原さま、みなさま

ご無沙汰しています。

今回の件ですが、「修理時の代替機」があれば、それだけでかなり事情が変わるように思うのですが、みなさんいかがですか?

そうすれば、修理期間を短時間にするために栗原さんが無理なさる必要もないですし、トラブルが再現するまでゆっくりとみていただいてもいいですし、オーストラリアへ送付して日本の電源事情を再現してもらってしっかりと原因究明と対策をしてもらうこともできると思います。

DEQXデータの差し替えは、常時いじっているユーザーにはいつものことですし、最初に設定してもらったままのユーザーは栗原さんがデータをお持ちだと思うので、あらかじめデータ入りの代替機を送ってもらうことも可能かと思います。

栗原さんがいらっしゃるからこそ安心してDEQXを利用しているので、栗原さんがサポート的なところから外れるのであれば、魅力は大きく半減します。

「修理時の代替機」は、DEQX社に提供してもらうのが筋だと思いますが、もし中古も含めてすべて出払っているようならば、
私の家に1台PDC-2.6pが余ってますので、それを一時的にご提供することもできます。
(※4CHから2.1CHにシステム変更したために浮いています。予備機として取ってあり、現在使っていません)

栗原さまには、ぜひとも早急に結論を出してしまわれずに、善処策をご検討いただければと思います。

そしてできれば、クリスラボさまにDEQXの修理を含めた代理店契約を結んでいただきたく思います。
あるいは、輸入品を含めたメーカー修理を外注している専門業者さま(たとえば藤沢のニューテックさまとか)とDEQX社をおつなぎいただけると嬉しいです。

これからもずっと安心して使い続けていくために、ぜひとも積極的な、しかしご自身の負担にならないように、サポートを続けていってくださるようお願い申し上げます。
 

Re: 起動しないについて

 投稿者:八王子のS  投稿日:2018年12月28日(金)22時14分32秒
返信・引用
  雪まるださんのご意見、賛成です。

 クリズラボにおいて「100%の解決は難しいかも知れないが、現状よりはるかに改善が望める対策」を施して頂ければ、これがベストです。
オーストラリアまでの往復の道中は、HDP-4の様に重いトランスを搭載した機種には非常に過酷な「振動衝撃テスト」を受けることになって、予想以上のダメージを受ける心配があるからです。

今夜、私が行なった温度テストの結果からは、ただ単に温度特性が微妙なレギュレータICに起因する電源ボードだけが主原因とは言えない、とも判断できるかと思います。
つまり、ハードかファームかソフトか、情報公開されていない部分があるから日本での修理は難しい、と栗原さんが敬遠するのも、これで理解できる様になりました。

ここ数日の書き込みで新たに判明した事実も多々あると思います。この「DEQX Club」のおかげです。
それらをまとめてクリズラボからDEQX社に情報を送って打合せを行ない、それで最終決定がなされるはずです。
DEQX社において「そんな事、初めて聞いた」と驚くか、「ああ、それなら対策キットの用意がある」と言うか、、、。
それに従うのがユーザーとしてはベストだと思います。

クリズラボからのコメントを待ちたいと思います。
 

起動しないについて

 投稿者:雪まるだ  投稿日:2018年12月28日(金)21時16分24秒
返信・引用
  皆様こんばんは。

故障している場合にオーディオと限らずですが再現されないと修理が難しいというのはごく普通の事と思います。

車の故障などよくそうなっていますね。

以前に国産のY社のアンプが気に入っていて愛用していましたが故障してメーカー修理に出すと再現されず怪しい箇所を修理して戻ってくる、そしてまた同じ故障というのを何回も繰り返して最終的に治るまで数か月かかった事がありました。

あまりにも時間がかかっているとの事でメーカーさんがアンプを無料で貸してくれた事を良く覚えています。

自分が過去に起動しない時があったにもかかわらず特に修理とか栗原さんに連絡をしたりとかしなかったのは栗原さんに送っても恐らく再現が難しいであろうという事だからです。

何か月も預かって様子を見ていただくのは双方に負担が大きいし故障が多発してからでいいという考えでした。

でも故障は多発しないのでそのままです。

デックスを購入する際に考えたのは修理の場合ですね、いちいちオーストラリアに送って修理するという事でしたら購入しなかったかも知れません。

個人的には栗原さんが直せるのでしたらそれがベストです。

もしも栗原さんがうまく治せなかったらオーストラリアで修理というわけにはいかないのでしょうか?

それぞれの立場があるのでややこしい事になっている?みたいですが皆さんデックスが好きで長く愛用したいのだと思いますので力を合わせて良い方向に行く事を望みます。

 

Re: 電源が入らない問題

 投稿者:八王子のS  投稿日:2018年12月28日(金)20時48分17秒
返信・引用
  > No.508[元記事へ]

セプ太さん、ご意見ありがとうございました。

これからDEQX製品を購入しようと計画しているオーディオ・ファンが、この書き込みを閲覧してどう判断するか、「考え直そうか」とするか「これ程度なら問題ではない」と判断するかは本人次第です。
過去にこういう問題があった、その後どう解決されたのか、ということを「書き残しておく」ことが大切だと考えて書いています。

今後、直接DEQX本社と打合せを行なうことになっても、最終的にどんな解決策を施したのか、その後の調子はどうなのか、など、順次このDEQX Clubの中に書き込んで、他ユーザーの皆さんのために情報を共有していくつもりです。

クリズラボは、DEQX Clubを設けて、書き込みのできる場所を提供して情報の共有に勤めていますので、良心的だと思います。不具合を公表しない販売店やメーカーの方が多いのが現実ですから。
 

環境テスト HDP-4

 投稿者:八王子のS  投稿日:2018年12月28日(金)20時28分3秒
返信・引用
  栗原さん、

私のHDP-4単体をテストサンプルにして、昨夜から環境(温度)テストをやってみました。

結果としては、摂氏5度という低温から摂氏20度の室温まで、「無事に起動」しました。
ただし、どの温度においても5番目のリレー(ミュート?)は作動せず、クリズラボ製のレベルメーターは「点滅」のままでした。 後段にパワーアンプを接続していないのが原因なのか、これは私には判断はできません。

 テスト日時: 2018 Dec.27 10:00pm、Dec.28 5:00pm、Dec. 28 6:30pm
 テストサンプル:HDP-4 (鈴木所有)1台、入出力端子はすべて解放状態、他機の接続なし
 テスト環境: 摂氏20度~5度までの環境に1時間放置
 テスト方法: 各温度環境に1時間放置した後、HDP-4の電源スイッチをON、リレーの作動音を確認した
 テスト結果: 摂氏20度:電源スイッチON後、4番目のリレーまでは問題なく起動した(起動確認3回)
        摂氏10度:電源スイッチON後、4番目のリレーまでは問題なく起動した(起動確認3回)
        摂氏5度:電源スイッチON後、4番目のリレーまでは問題なく起動した(起動確認3回)

 私の場合、いつ頃何時頃と明確な記憶はないのですが、オーディオ仲間が集まるオフ会がある日は、その準備をする「朝、あるいは午前中」に起動しない問題が発生している覚えがあります。しかし毎朝午前5時に「室温23度」で設定したエアコンが動き出すので、私がHDP-4を起動する時間には20度以上の室温になっていますので、起動しない原因は依然として不明です。

 HDP-4の英語の取説を読んでみましたが「Environmental Specifications」という記載がなかったので、動作可能な環境温度は分かりませんでした。ちなみに手元にあるAccuphase C3800 プリの取説を読むと「極端に低い温度環境では使用しないこと」という文言で済ませていましたので、一般のユーザーに認知させる情報とは考えていない様です。

今回のテスト結果からすぐに方向を決めることは難しそうですが、レギュレータICの温度特性に起因する電源ボードの問題だけでなく、他の要因も検討する必要がありそうです。

 私がまだ若い頃、開発部門に配属された時の直属の上司は松下電器産業(現パナソニック)出身の人でしたが、彼から「量産製品が販売されて1年経過した時点で、不良率が1%以下の時は現場のサービス部門が在庫部品で対応、1%を超えたら工場の製造技術/生産技術が動き出す、2%を超えたら開発まで差し戻されて根本的な設計の不具合を検討し始める」と教わりました。40年前のことなので、現在はもう少しシビアな数字になっているかも知れませんが、一つの指標にはなると思います。
 クリズラボから何台のHDP-4が販売されたのか知りませんが、仮に100台販売されたとしたら、雪まるださん、福井のHNさん、そして私のHDP-4の3台が不具合を発生していて、現在は「不良率3%」という状況です。
昨日提案した「全ユーザーに問題がないかを確認する」作業は、現実の不良率を把握する意味で有益な情報を得ることができますし、DEQX本社へ送る情報としても有益だと考えます。
 

Re: 電源が入らない問題

 投稿者:セプ太  投稿日:2018年12月28日(金)18時35分51秒
返信・引用
  八王子のSさんへのお返事です。

実は私も同じように感じたのですが、自分なりの消化をしていました。クリスラボの事情もわかりますから会社としての見解は内情からも理解出来ます。慈善事業や綺麗事ではありませんからね。ただそれと購入者がどう思うかも又別問題ですね。八王子のSさんが書かれたのとほぼ同じ印象を受けたことも事実です。

需要者と供給者とは少なからずそういう事だと思います。客観的に見てどうこうはあまり意味はないかと思います。それぞれがどう思うか、ですね。

事実としてクリスラボの対応範囲に限界があることを承知で使うしかないのだと思います。過去ガレージメーカーの悲しい対応は何度も経験しています。その代わり大手メーカーにはない楽しさもありますね。

追記
DEQXはパソコンですからドラぶったらリスタート、を基本として使っています。
 

電源が入らない問題

 投稿者:八王子のS  投稿日:2018年12月27日(木)21時53分58秒
返信・引用
  栗原さん、

しばらく返信がなかったので健康を害されたのかと心配しましたが、ご回答を頂けて安心しました。

長文で私八王子のSあての内容として書かれていますが、「雪まるださん」と「福井のHNさん」のお二人も同じ電源問題を抱えていらっしゃいますので、3人への同等な対応をお願いしたいと思います。

前半は我々ユーザーにはあまり関係ない内容なので、中段以降の文章の理解に努めました。
結論は「クリズラボは責任を負えない」と「費用は全部ユーザー負担でDEQX社に送り返して、修理させる」との内容ですが、販売元のクリズラボとしてもう少し前向きな対応はないのでしょうか。 DEQX社のみが知るデジタル関連のハードやファーム、ソフトの問題ではなく、「使われているレギュレータICが温度に弱く、必要な電圧まで達していない」などの技術的な情報をお持ちなら、電気の専門家としての改善への対策はありませんか。(例えば下記のレギュレーターICの選別、対策用電源ボードなど)
「環境テストをする設備がないので、100%の解決は難しいかも知れないが、現状よりはるかに改善が望める対策」という提案を頂ければ、雪まるださん、福井のHNさん、そして私は十分に納得できると思いますし、このDEQX Club を閲覧している他ユーザーの皆さんも「なるほど」と安心できると思います。

下記、私からの「提案と要望」そして「コメント」です。(これも長文になってしまって申し訳ありません)

(1)まずはHDP-4ユーザー全員に連絡し「時々、起動しない問題はないか?」と現状の確認をすることをお勧めします
   今回、DEQX Club への書き込みによって、雪まるださん、福井のHNさん、そして八王子Sの3人が同じ電源問題を抱えていることが判明しましたが、まだDEQX Club を閲覧していないユーザー救済のためです。 現状の確認をすることによって、当該問題を完全解決するための「費用の総額」を見積もることができます。 前述3人だけであれば費用も小額となり、クリズラボの対応もさらに前向きな、親身なサポートになることが期待できます。

(2)Kim さんと綿密に打ち合わせて、DEQX本社まで送って修理を受けて日本まで返送された場合の「最大限いくらまで費用がかかる」という見積もりを出して下さい。結果として見積もりより安価に済めばOKですが、その最大限の金額を支払う価値があるか否か、雪まるださん、福井のHNさん、そして私は3人で打ち合わせをし、各々が自分で判断をすると思います。その場合も、クリズラボを経由する方が良いのか、独自に発送/受け取りをして支払いまで済ませるのか、を各々が判断します。本件について「クリズラボは責任を負えない」という姿勢なら、経由しない方が得策だと思います。

(3)私の現在のHDP-4(オプションのUSB入力ボード追加)、これをクリズラボではいくらで買い取るか、見積もりをお願いします。 上記のDEQX社からの「最大限の費用」との比較で、最終判断をしようと思います。
ちなみに私が5年間愛用した前のPDC-2.6Pの買取価格は12万円で、これをクリズラボから次のオーナーに15万円で販売していたと思います。

(4)私が書いた「過去の事例や詳細な説明が欲しかった」について
   私のHDP-4を「再現せず」で送り返す一年前に、福井のHNさんの同じ電源問題の事実があった訳ですから、48時間テストしたが再現せず、で済ませるのではなく、「現状はプラス側は何ボルト、マイナス側は何ボルト」という測定データとそれに関しての情報開示と説明が欲しかった、という意味で書きました。(DEQX社にある世界中の情報、、、ではない)
それがあればDEQX仲間で電気専門の人に相談したり、DEQX Club で他ユーザーの皆さんとも情報共有ができ、より具体的な進め方ができたと思います。

(5)14.6Vまで下がると立ち上がらない、ギリギリで動作している。。。
   クリズラボからの文章「14.6Vまで下がると立ち上がらない、ギリギリで動作している」は、福井のHNさんがこれを情報開示して下さらなければ、全員全く知らないままで、何もアクションが取れませんでしたので感謝しています。
私の友人のPDC-2.6Pユーザー「八王子のNさん」にボード写真添付で送って相談したところ、「レギュレーターICの選別で問題解決できるでしょう」というコメントでした。
これをクリズラボでの問題への解決策、サポートとしてやって頂けないのでしょうか。この解決策がベストだと思います。
(どの様な作業なのか、作業指示書さえ送ってもらえれば、自分でやっても構いません)
オーストラリア往復の長旅で、電源ボードは治ったけれど他の部分が磨耗破損していたなどの二次災害が出て、問題の全面的解決がさらに難しくなるのは避けたいところです。

(4)対策用の新ボードの製作
   10年ほど前、PDC-2.6Pユーザー「山梨のFさん」がクリズラボに特注してアナログ電源(±15V)の製作依頼したことを覚えています。完成品も見せてもらって写真と回路図も受け取りました。 これと同様な設計で、今回の問題への「対策用HDP-4電源ボード」の製作をしてはどうでしょうか。(前述レギュレーターICの選別の方がシンプルだとは思いますが、、、)
私はメカ開発が専門だったので電気回路は素人ですが、アンプ製作で半田付けは50年やっていますので、詳細な説明(上限何V、下限何V、何A必要、注意事項など)と回路図さえ頂ければ、私は自作しても構いませんし、自分のボードがうまく完成できたら、雪まるださん、福井のHNさんお二人の分も作っても良いですよ。

(5)HDP-4立ち上時間 極端に遅い という問題
   今回の書き込みの始まりは、私が「HDP-4立ち上時間 極端に遅い」という書き込みをして、セプ太さんと大分のTNさんからアドバイスを頂いたことがスタートでした。 我が家ではHDP-4をリスニング位置のそばに置き、パワーアンプは4mほど離れた左右SPの間に置いて、HDP-4が「カチカチカチ」と素早く立ち上がったのを確認してからパワーアンプをONにしていたので、現在の様に遅ければ、なぜ遅い?と感じたと思いますので、以前はもっと早かった様な気がします。ちょうど一年前にクリズラボに行った時は、「カチカチカチ」と素早く立ち上がったのを覚えています。
この件についてのコメントをお願いします。私のファームは現在よりも一つ前のものです。

(5)クリズラボは日本総代理店か輸入業者か?
   クリズラボは日本総代理店だと思っていましたが、ユーザーから見ればどちらでも同じです。 ユーザー満足度をいかに高めるか、その努力を怠らない企業であれば、ユーザーは数年後再びDEQXの新型を買おうと考えますが、問題を野ざらしにされたり、情報が開示されずに「保証期間」が満期になってそのまま切られる、という扱いを受ければユーザーが離れていくのは止めようがありません。これが続けば現在のHDP-5、HDP-4ユーザーにとっても、中古品市場での価格が激減し、ほとんどジャンク扱いでしか売却出来ない事態になりかねません。「たまに電源が入らないことがあります」と正直に書いたら、オークションで入札する人がいるでしょうか。 自分が大切に使ってきたHDP-4だから、全部完全に修理して次のオーナーに譲渡したいと考えるのが、本来のオーディオファンの姿だと信じたいです。

本件に関して、異論反論もあるかと思います。
このDEQX Club への書き込みでも構いませんし、下記私のメールアドレスにご意見を頂いても結構です。「rksszk@cd6.so-net.ne.jp」
 

Sさんへのお詫びと今後の対応について

 投稿者:Kurizz-Labo  投稿日:2018年12月27日(木)00時07分20秒
返信・引用 編集済
 

この数日、多くの方からDEQX Clubにご投稿頂きありがとうございました。

実は昨日までの2週間、自分でも信じられないほどの忙しさでした。

我が人生で、これだけ濃密(繁忙)な時間を過ごしたのは初めてかもしれません。

何の言い訳にもなりませんが、そんな中で八王子のSさんから頂いたご質問にご返事も出来ず、大変申し訳ありませんでした。

また、多くのDEQX仲間から情報提供を戴き、深く感謝申し上げます。

(あらっ!、今も福井のHNからのご投稿がありました。ありがとうございます。)

しかし、残念ながら、現状では八王子のSさんに対する直接の回答は出来ないのが実情です。

なぜ、どうして!・・・・ との問いに少しだけ説明をさせて下さい。

11年前、定年後に勤めた会社でDEQXと出会い、スタジオのモニタースピーカーより再生側のオーディオファイルにこそ有効なツールだと直感しました。

再就職先を1年で辞めることになりましたが、悔いはありません。

でも、今考えればデジタル信号処理の本質も判らない未熟者が輸入代行の個人商店を始めてしまい、情熱だけで人生初の商売にも突き進んでしまいました。

数年後、一旦マルチアンプシステムを組んでしまうとDEQXがなければ音が出ないという当たり前の現実と直面することになりました。

DEQXをお薦めした当人として、お客様が音楽を聴けない日は可出来るだけ短い方が良いと思うようになり、無謀にも可能と思われる修理はクリズラボで行おうと決心しました。

DEQX社の技術担当と密接に連絡を取りながら、あるときは基板を、あるときは1個のパーツを送って貰いました。

そして、出来るだけ短時間で、また、リーズナブルな料金で修理を行ってきた自負はあります。

特別なパーツが不要な場合は到着した日に修理を行い、その日の内に宅急便で送り返すことも度々でした。

しかし、八王子のSさんが遭遇されたような定常的に発生しないトラブルについては正直お手上げの状態でした。

現象が出ない限り原因も特定できず、修理も出来ません。

そのようなトラブルに対しても一日でも早くご返却した方が良いのではとの思いが先行してしまいました。

最長でも48時間現象が出なければとりあえずご返却していました。

こうした仕事のやり方が結果としてお客様にご迷惑をおかけしてしまい、今では深く反省しています。

今後は、開発者であり現役の社長でもあるKim、そして精通したエンジニアがいるDEQX本社に修理を委ねることに致します。

ただし、オーストラリアとの機材の往復だけで2週間程度の時間がかかり、更に修理日数が必要となることをお許し下さい。

そして、DEQX社の1年保証期間内でも取り扱い上の不注意等による故障は有償となります。

(申し訳ありませんが、この場合は送料等もご負担頂きます。)

保証期間が過ぎた場合は基本的に全て有償となりますのでご理解いただきますようお願い申し上げます。

もちろん設計や製造上のミスによる重大なトラブルはDEQX社の責任で修理等が実施されることになると思います。

ご自身による電源パーツの交換等につきましてはクリズラボが承諾したものであれば、その旨を伝えますのでご安心下さい。

また、「クリズラボからの公式なサポートを期待したいと思います。」とのお話しですが、残念ながらDEQX社とクリズラボの間には正式な業務提携や契約、また、資本関係等は一切なく、お客様に代わってDEQX製品の輸入を行っている個人商店に過ぎません。

責任逃れをするつもりはありませんが、外国の会社との取引関係では書面等による厳密な契約が必要です。

製品に問題があるから責任を取れ、と伝えても公式的には何の裏付けもありません。

ですから、お客様が直接DEQX社から購入(輸入)されても日本では何の問題もありません。

(クリズラボによる使い方等のサポートもありませんが・・・・)

しかし、DEQX社の社長とは25年以上、専任のエンジニアとも10年以上の付き合いがあります。
 
その中で培ってきたビジネスを超えた関係は貴重な財産だと信じています。

同じ夢を見る仲間として、また、個人的な友情を通じての語り合いから、今後もより良い製品をご提供できればと願っています。

しかし、今回の問題を通じて、製品の故障やトラブルについては責任上の問題を含めてDEQX社に一任するのがお客様へ最善の策だと感じています。


>ユーザーとしては過去の事例や詳細な説明が欲しかったと思います。

とのSさんのご要望もDEQX社なら世界中のお客様からの情報を元に、適切なご説明が出来るものと考えます。

クリズラボは輸入代行の個人商店としてトラブルが生じた製品をお預かりし、問題点を整理してDEQX社に修理を依頼致することにします。

何かあれば、いつでもご遠慮なくお申し付け下さい。

投稿頂いた多くの皆様に感謝申し上げます。


Kurizz-Labo

栗原

http://

 

電源が入らない問題(補足)

 投稿者:福井のHN  投稿日:2018年12月26日(水)23時20分18秒
返信・引用
  当方のHDP-4で発生した症状について少し補足します。

・前面のSWで立ち上がらなかったことはありません。
 背面SWを切っていた時にのみ発生。冬場それが頻発(発生率50%)

別の不具合モードですが、
・長時間電源入れておくと、たまにフリーズし、前面SWでは電源が切れなくなる
 これは、今も発生します。
 その時、SPDIF信号の同期引き込みができないようで、音は出ません。
 また、リモコンも一切利きません →DSPがフリーズ??
 背面SWのoff/onで復旧します。

ついでに、起動時間についてですが、
当方のHDP-4でも約15秒です(最新FWにUpDate済み)
昔のFWでは、そんなにはかからなかったように思います。FW依存じゃないかと。
個人的には、その程度の時間なら許容範囲です。

それよりも、切り捨て状態のCD専用トランスポートとの接続問題を何とかして欲しいです...ブツブツ...
 

レンタル掲示板
/53