teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


Re: HDP-4の立ち上げ時間 極端に遅い

 投稿者:大分のTN  投稿日:2018年12月23日(日)00時01分16秒
返信・引用
  > No.495[元記事へ]

八王子のSさんへのお返事です。

私も同じHDP-4を使っており,Sさんの作成されtマニュアルを参考にさせて頂きました。
ファームウェアのバージョンは最新ではないように思いますが,1点気になる内容があります。

立ち上がりの時間は新しいファームウェアではかつてのバージョンより,より時間がかかるようになっており,私のものもトータルで15秒前後かかるようです。ただ

> そんな矢先、いつもの様に愛用のDEQX HDP-4のスイッチをONにしても全然作動しない。

という下りの,あるときから突然立ち上がりに時間がかかるようになった様子ですのでちょっと気になりますね。

これは栗原さんからの正式なコメントを待った方がよいように思います。
 
 

Re: HDP-4の立ち上げ時間 極端に遅い

 投稿者:セプ太  投稿日:2018年12月22日(土)19時22分1秒
返信・引用
  > No.495[元記事へ]

八王子のSさんへのお返事です。

もしかしてファームウエアのバージョンで違うのかもしれませんね。
 

Re: HDP-4の立ち上げ時間 極端に遅い

 投稿者:八王子のS  投稿日:2018年12月22日(土)15時28分7秒
返信・引用
  > No.494[元記事へ]

セプ太さん、ご返事ありがとうございました。

なるほど、自分のHDP-4だけではないんだな、と少し安心しました。

ちょうど1年前、昨年の12月中旬に軽井沢のクリズラボを訪問した際、「カチカチカチカチッ」と2秒もかからずに全部が立ち上がるのを聞いて「やっぱり、新しいDEQXはこんなに速いのか」と驚いたので、その記憶は鮮明です。

他のHDP-4ユーザーの方々からも何かご連絡があるかも知れませんので、待つことにしましょう。
クリズラボから「立ち上がりが遅いのは問題ありませんよ」という公式のコメントがあれば、このまま安心して使えることになりますね。
 

Re: HDP-4の立ち上げ時間 極端に遅い

 投稿者:セプ太  投稿日:2018年12月22日(土)08時18分5秒
返信・引用
  > No.493[元記事へ]

八王子のSさんへのお返事です。

あまり気にしてなかったのですが、改めて確認してみました。電源を入れてカチカチ何度か鳴ったのちボリュームLEDが点滅から点灯に変わるまで10秒かかります。そんなもんだと思ってました。
 

HDP-4の立ち上げ時間 極端に遅い

 投稿者:八王子のS  投稿日:2018年12月21日(金)11時29分34秒
返信・引用
   約1年ぶりにDEQX HDP-4のMeasure SPからRoom Measureまでの調整フルコースをやったら、 自分の忘却ぶりに驚きました。そこで以前自分が作成した「DEQXユーザーズ・マニュアル by 八王子のS」の「Rev.2」に基づいてやってみたら、(今更自分で言うのも変ですが)、説明が分かり難かったり奇妙な日本語があったりと、ボロをいくつか見つけたので、もっと分かり易い様に新「Rev.3」の新規作成を始めました。

 そんな矢先、いつもの様に愛用のDEQX HDP-4のスイッチをONにしても全然作動しない。あれっ、どうした?と思いながら2、3回スイッチを入れ直したら、リレーが「カチッ、カチッ、カチッ」と作動してパイロット・ランプが何とか点灯しました。
購入した当初は、1、2秒ほどで「カチカチカチカチ」と素早くリレーの作動音が聞こえ、何個のリレーが起動しているか数えられないほどの素早さだったと覚えています。
しかし現状では「カチッ、、、カチッ、、、カチッ、、、カチッ」とユックリ数えられるほど各リレーの作動音が1秒以上の状態で、最後のリレー(5個目)がカチッといってクリズラボ製のデジタル・レベルメータが点滅から点灯するまで合計「10秒」ほどかかります。まるでメインアンプの「SP保護用遅延回路」が入っている様な感じです。

 本機HDP-4はPDC-2.6P時代からのDEQX仲間がクリズラボから新品購入し、半年使った後に私のところに譲渡されて現在まで5年ほど所有しているのですが、その間には高齢となった両親の介護などで長いブランクもあったので使用時間はかなり短く、物理的にも電気的にも壊れる段階ではないと考えています。 DEQX製品は信頼性が高く、HDP-4はすでに製造中止となりましたが、アナログ電源を使っている点も気に入っていて、今後も末長く使っていきたいので買い替えるつもりはありません。初めてPDC-2.6Pを2007年に購入した時から6年間故障は一切なく、よって今回の件は予想外でした。

 そこで、現在もDEQX HDP-4を愛用していらっしゃるDEQXユーザーの皆様の中で、今回の様にリレーが「カチッ、、、カチッ、、、」と非常に遅くなったというご経験をお持ちの方がいらっしゃるでしょうか? 「あっ、それはooooが原因だったよ」とか「こうしたら直ったよ」などというアドバイスがあったら、ぜひお願いします。

サポートを受けるためにクリズラボに送り返して、栗原さんの診断で「マザー・ボード交換が必要です」などという結果になるのを恐れています。 皆様からのアドバイス、ぜひ宜しくお願い致します。

(現在のファームウエアはV201.62.1.2、ソフトウエアはV3.02で、Read from DEQXとSave all to DEQXは問題なくできますので、当面は使用可能と考えておりますが、立ち上げ時の待ち時間がだんだん延びて来た気がします。そのうち起動時間が1分以上になったら「DEQXは真空管式?」などとグラフィック・イコライザー嫌いのオーディオ仲間からジョークを言われ様になると困ります。)

 

Re: 32bit入力?

 投稿者:セプ太  投稿日:2018年11月20日(火)18時54分37秒
返信・引用
  返信ありがとうございます。
てっきり24ビット以下しか入力を受け付けないと思い込んでいました。なので予めソフトウェアでダウンコンバートしないといけないと思っていました。色んなフォーマットの音源があるので朗報です。ビット深度の大小にこだわっているわけではありませんので問題は無いです!
 

Re: 32bit入力?

 投稿者:Kurizz-Labo  投稿日:2018年11月20日(火)14時40分57秒
返信・引用
  セプ太さんへのお返事です。

> DEQXのUSB入力は24bitまでの対応(もちろん内部処理も24bit)だと理解しているのですが、DELAのNASに格納した32bit音源が再生出来る事を発見しました。これはどういう事でしょうか?

◆ ご無沙汰しております。
パソコンが不調でご返事が遅くなりました。

DEQX内部では次のようなビット深度で信号処理を行っています。

A/D ・・・・ 24bit
DSP  ・・・・ 32bit
D/A ・・・・ 32bit(HDP-4以降。それ以前は24bit+アナログVR)

DSP部分が32bitなのは24bitの信号を処理(加工)するためのマージンが必要なためです。
D/Aはデジタル信号で音量を絞ったときのビット落ちを防ぐための余裕度です。

◆ ご質問の答え

32bitの音源を再生した場合、入力部で下位の8bitを無視(切り捨て)して再生します(できます)。

<付録>

32bitのDレンジ(ダイナミミックレンジ)は192dB(6×32)です。

24bitでも144dBあります。(CDは16bitで96dB)

極めて静かな室内の騒音レベルは30~40dB程度です。

ロックバンドや大編成のオーケストラが出す最強レベルの音は120dB程度です。

この最強レベルの音を部屋でそのまま再生するとすぐにパトカーが飛んできます。

防音された部屋でも出せる音圧は100dB程度が限界です。

(100dBは電車が通る時のガード下や3mの距離で聞く自動車のクラクションなど)

これらから、リスニング時のDレンジは100-30=70dB程度(以下)となります。

CDは96dBあるのでリスニング時に必要なDレンジの限界を遙かに超えています。

(Dレンジが極端に圧縮された最近の音源だと10bitあれば十分。)

以上の観点から家庭で再生する音源のビット深度は16bitで十分と考えます。

ただし、これは「完成され流通する音源」のことで、後世に残すべき原音は192kHz/24bit程度が必要だと考えます。

理由は、後で再び加工することを考えると十分な余裕が必要だからです。

32bitの音源を24bitの装置で再生、あるいは24bitの音源を16bitの装置で再生する場合、いずれも下位の8bitを無視して再生します。

貴方は何ビットの深度を必要としますか?


Kurizz-Labo:栗原
 

32bit入力?

 投稿者:セプ太  投稿日:2018年11月17日(土)20時37分19秒
返信・引用
  DEQXのUSB入力は24bitまでの対応(もちろん内部処理も24bit)だと理解しているのですが、DELAのNASに格納した32bit音源が再生出来る事を発見しました。これはどういう事でしょうか?  

Re: ダブルウーハーの別アンプ駆動?

 投稿者:Kurizz-Labo:栗原  投稿日:2017年 9月19日(火)00時14分35秒
返信・引用
  福井のHNさんへのお返事です。

HNさん、大変申し訳ありませんでした。
ホームページのUser's Reportの作りが悪く、日付だけでページを区切っていた事による(大)ミスでした。

まず、お名前ですが、

> ここでは、福井のHNということでお願いします。
> ”適当なハンドルネームを”→ Handle Name でHNと付けていただいたのかと思ってました (^^ゞ

素敵な解釈ですね。今まで通り、「福井のHNさん」と呼ばせて頂きます。
私の頭の中には2011年10月29日に白いポルシェで来宅されたHNさんがずっと住み続けていました。これからもよろしくお願い申し上げます。

感想文の件、大変失礼いたしました。
User's ReportでNHさんの次に登場された、墨田区のTSさんのものでした。

HNさん、TSさん、お二人にお詫び申し上げます。

改めて、墨田区のTSさんが書かれた感想文としてご覧頂ければと思います。

ちなみにTSさんのUser's Reportの続編をこちらに掲載していますので、ご覧下さい。


> ドロンコーンにする場合、終端はどうされたのでしょうか? 短絡でしょうか、低抵抗でも入れたのでしょうか? 差し障りのない範囲でお教えください。

この件につきましては途中経過も含めて改めてホームページでご紹介したいと思っています。

結果的に落ち着いたドロンコーン方式ですが、ユニットは解放です。

もちろん短絡も試しましたが、部屋との関連で解放としました。

さらにこの例ではバスレフダクトを塞いで密閉型にした上で端子開放型のドロンコーン方式としました。

この辺りは実際に試してみないと判らない部分です。

> 個人的にはドロンコーンには悪いイメージしか持っていないのですが、あるマニアな方からも一度試してみたらと勧められたことがあります。ダメもとで(?)、試してみようかと。

開放と短絡の双方、また、バスレフダクトの開放と閉鎖についても、Room測定とヒアリングでぜひ試して見て下さい。

諸々、失礼の段、お詫び申し上げます。

クリズラボ 栗原



>
 

Re: ダブルウーハーの別アンプ駆動?

 投稿者:福井のHN  投稿日:2017年 9月18日(月)22時01分22秒
返信・引用
  Kurizz-Labo:栗原さんへのお返事です。

ここでは、福井のHNということでお願いします。
”適当なハンドルネームを”→ Handle Name でHNと付けていただいたのかと思ってました (^^ゞ

すみません、感想文は別の方のものだと思われます。2009年11月28日ですと、まだDEQX購入に至っておりませんので。それに、私にはそんな立派な文章はとても書けそうにありません(汗)

> 様々なテストを繰り返した結果、SONY製の方はウーファーの片側をドロンコーンにすることで大幅な改善が得られました。

ドロンコーンにする場合、終端はどうされたのでしょうか? 短絡でしょうか、低抵抗でも入れたのでしょうか? 差し障りのない範囲でお教えください。

個人的にはドロンコーンには悪いイメージしか持っていないのですが、あるマニアな方からも一度試してみたらと勧められたことがあります。ダメもとで(?)、試してみようかと。

ちなみに、現状の写真です。ホーンを大型しました。肝心のDEQXが写ってませんが (;^ω^)
 

レンタル掲示板
/51