teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


電源が入らず起動しない問題

 投稿者:八王子のS  投稿日:2019年 3月 2日(土)17時08分28秒
返信・引用
  栗原さん、

昨年12月、私のHDP-4が立ち上がらない件を書き込んだところ、「福井のHN」さんと「雪まるだ」さんも同様な問題をお持ちであることが判明しました。
この件について他のユーザーの皆さんがいろいろ書き込んで下さり、クリズラボからは、12月30日付けで「修理対応については近日中に改めて整理し、ご報告させていただきます」との書き込みを頂きました。

あれから2ヶ月が経過しましたが、その後の進捗状況はいかがでしょうか?
DEQX本社からはどの様なコメントがあったのでしょうか。

それが抜本的な100%の対策でなくても、その対策が納得できるものであれば、我々ユーザーは安心できると思います。

よろしくお願い致します。

 
 
 

無指向性フルレンジ

 投稿者:セプ太  投稿日:2019年 2月23日(土)23時15分9秒
返信・引用
  マイク位置をリスニング方向と上方で測定し比べました。上方で測定した方が想像通り特性は良かったです。ただ無指向性スピーカーの場合DEQX補正の適切なマイク位置は大いに疑問ですね。(いずれのマイク位置でもDEQX補正は無い方が良かったです。
 

小口径フルレンジなら

 投稿者:セプ太  投稿日:2019年 2月22日(金)18時58分7秒
返信・引用
  皆様の意見拝聴したく。測定時のマイク位置はユニットから1m程度とされていますが、これはマルチウェイのユニットからの距離の平均化のためだと思いますが、では小口径のフルレンジならユニット直近でも、いやむしろユニット直近の方が良い気がしています。如何でしょう?やってみた方おられますでしょうか?  

Re: ありがとうございます。

 投稿者:八王子のS  投稿日:2018年12月30日(日)17時38分28秒
返信・引用
  栗原さん、大分のTNさん、埼玉のTYさん、コメントありがとうございました。

栗原さん、「秘密の話」ありがとうございました、少々驚きました。
この地図(https://www.deqx.com/find-a-dealer/)のイメージあったので、パナソニック社とまではいかなくても現在のAccuphase社くらいの規模かと思っていました。Kimさん以下3、4人とは、、、これでは生産管理上の不良率の話など、通じないかも知れません。

大分のTNさんからは、電気ド素人の私に分かりやすい説明を頂き助かりました。
おっしゃる通り「再現性に難」がある問題については、エキスパートでも対策は難しいと思います。しかし、DEQX本社には世界中のHDP-4の「トラブル事例」のリポートが集められていると考えられますので、クリズラボから送り返す前段階として、DEQX本社に文面で確認しておくのがベストだと思います。

埼玉のTYさんからご指摘の「電圧不足」について、100V電圧を確認してみました。我が家はNSIT-2000Plus(中村)という200Vから100Vへ減圧する大きなトランスを介しているのですが、HDP-4の作動状態で「105V」でした。タップを変更すれば115Vも出せるのですが、怖いので現状の「105V」のままで使っています。

オフ会当日の朝、「朝6時に名古屋インターに乗りました。午後1時くらいには八王子に着きます。」というメールをもらって、しかし何回やってもHDP-4が起動しないというスリル(?)は味わった人でなければ楽しめ(?)ません。これが複数回続くと、HDP-4をもう一台欲しくなって来ます。

今日もHDP-4は問題なく起動しました。ずっとこの調子なら何も望むことはありません。

いろいろな方からご意見を頂き、とても勉強になっています。
今後ともよろしくお願い致します。
 

ありがとうございます。

 投稿者:Kurizz-Labo  投稿日:2018年12月30日(日)00時38分48秒
返信・引用
  最初に、クリズラボ(栗原)に対する皆様からの暖かいお言葉に感謝申し上げます。

「代替機」を一時的に提供することもできます。とのお話しには涙が出る思いです。

そして、それぞれのバックグラウンドを持つ方々からの貴重なご意見にハッとさせられます。

この一週間、改めてお客様対応について考えさせられました。

そして、個人商店ゆえの脆弱な体制が多くの皆様にご迷惑をお掛けしているのでは、と悩みました。

でも、多くの皆様からの暖かい激励の言葉を聞き、あきらめずに一日でも長く続けよう。

今はそう思っています。

-------------------------------------

つないでも音が出ない変なオーディオ機器。

172ページのマニュアルを読んでも使い方が判らない困ったオーディオ機器。

でも、そんな機械に一目惚れした宿命だと思います。

70代に突入しましたが改めて後10年は頑張りたいと思います。

秘密ですがDEQX社は社長以下数名(3~4名)で運営されている会社です。

大好きなアキュフェーズ社と比べられるのは嬉しい限りですが・・・

でも、お客様にご迷惑を掛けないよう、DEQX社もクリズラボも精一杯頑張ります。

実は日本のユーザー様からの情報で重大なバグが修正されたこともあります。

製品はそれを愛するお客様によって育てられる。そう思います。

オーディオを科学しながら、そして楽しみながら、良い音を探求する。

そのお手伝いが少しでも出来るなら、これ以上の幸せはありません。

DEQXの修理対応については近日中に改めて整理し、ご報告させていただきます。


Kurizz-Labo

栗原
 

電源電圧?

 投稿者:埼玉TY  投稿日:2018年12月29日(土)19時30分4秒
返信・引用
  DEQXは,基本設計がプロ仕様なのでユーザーが対応しないといけない部分があると思っています。電源の入り切りなどはユーザーが適切に行わないとSPを壊すなんてのはプロ機器では当たり前。小生のHDP-3はそこまで難しくはありませんが,その性格が時折見受けられます。皆さんの書き込み等を拝見しますとHDP-4はほぼ「家電」の域に達しているようですが,DEQXの特殊性からユーザーの力量はある程度必要かと感じています。

小生はHDP-3なのであまり皆さんの参考にはならないかもしれませんが,内部DC電圧などを測った経験からすると「電圧不足」が懸念されます。AC100Vは動作する最低ラインかなと感じました。おそらく基本的には110V/120V仕様で,電圧が低い配電系を使用している時や,電源電圧が低下する時間帯に問題を起こすのかなと想像します。平日日中などは電源波形のピークが潰れて正弦波というより台形波になりますので,リニア電源ではDC電圧低下に直結します。室度というより配電系や時間帯に依存しそうな気がします。曜日や時間帯で調査すると結果が見える可能性があります。リニア電源でない最近の(スイッチング電源の)DEQXはこのような問題を起こさないかもしれませんね。ちなみに我が家は電圧が高めで常時108Vくらいあります。トラブルはありません(HDP-3ですが)。もし電圧が原因だとすると,完全な日本仕様を達成するためのトランスをオプション配布されると良いかと思います。

昔々,(アップル)マッキントッシュが日本語対応していない頃に使っていましたが,これは完全な110V/120V仕様でした(個人輸入ではなかったのですが)。起動しないことが時折あり「今は調子が悪い」と言ってあきらめることがありました。「もしや」と思いスライダックでチョコっと昇圧したところ快適に起動するようになりました。

リニア電源のDEQX(HDP-3)はトランス+整流・平滑回路+シリーズレギュレータで±15Vを得て,この電源からメインボード上のレギュレータで±10Vのアナログ系電源や3.3Vのデジタル系電源までも得ています。この構成は小生の感覚からするとかなり特殊です。この構成ですと,リニア電源にこだわる必要はないかなと思っています。余談ですが,多くのオーディオマニアはリニア電源に思い入れがあるようですが,近年のスイッチングの方が特性は遥かに優秀です。ノイズレベルも驚くほど抑えられています。
 

Re: 環境テスト HDP-4

 投稿者:大分のTN  投稿日:2018年12月29日(土)17時14分59秒
返信・引用
  八王子のSさんへのお返事です。

環境温度試験のご報告,ありがとうございました。大変参考になる実験報告です。

> ただし、どの温度においても5番目のリレー(ミュート?)は作動せず、クリズラボ製のレベルメーターは「点滅」のままでした。 後段にパワーアンプを接続していないのが原因なのか、これは私には判断はできません。

これはHDP-4内の信号処理部にディジタル信号が入力されていないと「5番目のリレー」は動作しない設計になっているようですね。HDP-4の入力をアナログに設定しておくと,入力信号を入れなくともこのリレーは動作しますのでご心配無用かと思います。

私のHDP-4で起きたハードウェアトラブルは,出力のミュート用リレーの接点トラブルで,これは栗原さんの方であっという間に互換品(オムロン製で多分,こちらの方が信頼度が高いと思われます)で換装頂きました。

この程度の,しかも再現性の心配もないトラブルですと栗原さんにとっては「朝飯前」の対処だと思いますが,今回の問題のように「再現性に難」のあるトラブルですと,問題発生の要因を突き止めることからして非常に困難を伴う作業になります。

特にHDPのようにアナログとディジタルが混在した複雑なシステムでは,栗原さん一人のマンパワーですべてのトラブルに対応するのは至難の業だと思います。

個人的には雪まるださんもおっしゃる

> 個人的には栗原さんが直せるのでしたらそれがベストです。
> もしも栗原さんがうまく治せなかったらオーストラリアで修理というわけにはいかないのでしょうか?

という基本案に賛成です。また,

<雪まるださん>

> 皆さんデックスが好きで長く愛用したいのだと思いますので力を合わせて良い方向に行く事を望みます。

<えぽ吉さん>

> 栗原さまには、ぜひとも早急に結論を出してしまわれずに、善処策をご検討いただければと思います。
> これからもずっと安心して使い続けていくために、ぜひとも積極的な、しかしご自身の負担にならないように、サポートを続けていってくださるようお願い申し上げます。

というご意見にも大賛成です。
 

修理用代替機があれば違いませんか?

 投稿者:えぽ吉  投稿日:2018年12月29日(土)15時18分42秒
返信・引用
  栗原さま、みなさま

ご無沙汰しています。

今回の件ですが、「修理時の代替機」があれば、それだけでかなり事情が変わるように思うのですが、みなさんいかがですか?

そうすれば、修理期間を短時間にするために栗原さんが無理なさる必要もないですし、トラブルが再現するまでゆっくりとみていただいてもいいですし、オーストラリアへ送付して日本の電源事情を再現してもらってしっかりと原因究明と対策をしてもらうこともできると思います。

DEQXデータの差し替えは、常時いじっているユーザーにはいつものことですし、最初に設定してもらったままのユーザーは栗原さんがデータをお持ちだと思うので、あらかじめデータ入りの代替機を送ってもらうことも可能かと思います。

栗原さんがいらっしゃるからこそ安心してDEQXを利用しているので、栗原さんがサポート的なところから外れるのであれば、魅力は大きく半減します。

「修理時の代替機」は、DEQX社に提供してもらうのが筋だと思いますが、もし中古も含めてすべて出払っているようならば、
私の家に1台PDC-2.6pが余ってますので、それを一時的にご提供することもできます。
(※4CHから2.1CHにシステム変更したために浮いています。予備機として取ってあり、現在使っていません)

栗原さまには、ぜひとも早急に結論を出してしまわれずに、善処策をご検討いただければと思います。

そしてできれば、クリスラボさまにDEQXの修理を含めた代理店契約を結んでいただきたく思います。
あるいは、輸入品を含めたメーカー修理を外注している専門業者さま(たとえば藤沢のニューテックさまとか)とDEQX社をおつなぎいただけると嬉しいです。

これからもずっと安心して使い続けていくために、ぜひとも積極的な、しかしご自身の負担にならないように、サポートを続けていってくださるようお願い申し上げます。
 

Re: 起動しないについて

 投稿者:八王子のS  投稿日:2018年12月28日(金)22時14分32秒
返信・引用
  雪まるださんのご意見、賛成です。

 クリズラボにおいて「100%の解決は難しいかも知れないが、現状よりはるかに改善が望める対策」を施して頂ければ、これがベストです。
オーストラリアまでの往復の道中は、HDP-4の様に重いトランスを搭載した機種には非常に過酷な「振動衝撃テスト」を受けることになって、予想以上のダメージを受ける心配があるからです。

今夜、私が行なった温度テストの結果からは、ただ単に温度特性が微妙なレギュレータICに起因する電源ボードだけが主原因とは言えない、とも判断できるかと思います。
つまり、ハードかファームかソフトか、情報公開されていない部分があるから日本での修理は難しい、と栗原さんが敬遠するのも、これで理解できる様になりました。

ここ数日の書き込みで新たに判明した事実も多々あると思います。この「DEQX Club」のおかげです。
それらをまとめてクリズラボからDEQX社に情報を送って打合せを行ない、それで最終決定がなされるはずです。
DEQX社において「そんな事、初めて聞いた」と驚くか、「ああ、それなら対策キットの用意がある」と言うか、、、。
それに従うのがユーザーとしてはベストだと思います。

クリズラボからのコメントを待ちたいと思います。
 

起動しないについて

 投稿者:雪まるだ  投稿日:2018年12月28日(金)21時16分24秒
返信・引用
  皆様こんばんは。

故障している場合にオーディオと限らずですが再現されないと修理が難しいというのはごく普通の事と思います。

車の故障などよくそうなっていますね。

以前に国産のY社のアンプが気に入っていて愛用していましたが故障してメーカー修理に出すと再現されず怪しい箇所を修理して戻ってくる、そしてまた同じ故障というのを何回も繰り返して最終的に治るまで数か月かかった事がありました。

あまりにも時間がかかっているとの事でメーカーさんがアンプを無料で貸してくれた事を良く覚えています。

自分が過去に起動しない時があったにもかかわらず特に修理とか栗原さんに連絡をしたりとかしなかったのは栗原さんに送っても恐らく再現が難しいであろうという事だからです。

何か月も預かって様子を見ていただくのは双方に負担が大きいし故障が多発してからでいいという考えでした。

でも故障は多発しないのでそのままです。

デックスを購入する際に考えたのは修理の場合ですね、いちいちオーストラリアに送って修理するという事でしたら購入しなかったかも知れません。

個人的には栗原さんが直せるのでしたらそれがベストです。

もしも栗原さんがうまく治せなかったらオーストラリアで修理というわけにはいかないのでしょうか?

それぞれの立場があるのでややこしい事になっている?みたいですが皆さんデックスが好きで長く愛用したいのだと思いますので力を合わせて良い方向に行く事を望みます。

 

レンタル掲示板
/52