teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:11/510 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

電源が入らない問題

 投稿者:八王子のS  投稿日:2018年12月27日(木)21時53分58秒
  通報 返信・引用
  栗原さん、

しばらく返信がなかったので健康を害されたのかと心配しましたが、ご回答を頂けて安心しました。

長文で私八王子のSあての内容として書かれていますが、「雪まるださん」と「福井のHNさん」のお二人も同じ電源問題を抱えていらっしゃいますので、3人への同等な対応をお願いしたいと思います。

前半は我々ユーザーにはあまり関係ない内容なので、中段以降の文章の理解に努めました。
結論は「クリズラボは責任を負えない」と「費用は全部ユーザー負担でDEQX社に送り返して、修理させる」との内容ですが、販売元のクリズラボとしてもう少し前向きな対応はないのでしょうか。 DEQX社のみが知るデジタル関連のハードやファーム、ソフトの問題ではなく、「使われているレギュレータICが温度に弱く、必要な電圧まで達していない」などの技術的な情報をお持ちなら、電気の専門家としての改善への対策はありませんか。(例えば下記のレギュレーターICの選別、対策用電源ボードなど)
「環境テストをする設備がないので、100%の解決は難しいかも知れないが、現状よりはるかに改善が望める対策」という提案を頂ければ、雪まるださん、福井のHNさん、そして私は十分に納得できると思いますし、このDEQX Club を閲覧している他ユーザーの皆さんも「なるほど」と安心できると思います。

下記、私からの「提案と要望」そして「コメント」です。(これも長文になってしまって申し訳ありません)

(1)まずはHDP-4ユーザー全員に連絡し「時々、起動しない問題はないか?」と現状の確認をすることをお勧めします
   今回、DEQX Club への書き込みによって、雪まるださん、福井のHNさん、そして八王子Sの3人が同じ電源問題を抱えていることが判明しましたが、まだDEQX Club を閲覧していないユーザー救済のためです。 現状の確認をすることによって、当該問題を完全解決するための「費用の総額」を見積もることができます。 前述3人だけであれば費用も小額となり、クリズラボの対応もさらに前向きな、親身なサポートになることが期待できます。

(2)Kim さんと綿密に打ち合わせて、DEQX本社まで送って修理を受けて日本まで返送された場合の「最大限いくらまで費用がかかる」という見積もりを出して下さい。結果として見積もりより安価に済めばOKですが、その最大限の金額を支払う価値があるか否か、雪まるださん、福井のHNさん、そして私は3人で打ち合わせをし、各々が自分で判断をすると思います。その場合も、クリズラボを経由する方が良いのか、独自に発送/受け取りをして支払いまで済ませるのか、を各々が判断します。本件について「クリズラボは責任を負えない」という姿勢なら、経由しない方が得策だと思います。

(3)私の現在のHDP-4(オプションのUSB入力ボード追加)、これをクリズラボではいくらで買い取るか、見積もりをお願いします。 上記のDEQX社からの「最大限の費用」との比較で、最終判断をしようと思います。
ちなみに私が5年間愛用した前のPDC-2.6Pの買取価格は12万円で、これをクリズラボから次のオーナーに15万円で販売していたと思います。

(4)私が書いた「過去の事例や詳細な説明が欲しかった」について
   私のHDP-4を「再現せず」で送り返す一年前に、福井のHNさんの同じ電源問題の事実があった訳ですから、48時間テストしたが再現せず、で済ませるのではなく、「現状はプラス側は何ボルト、マイナス側は何ボルト」という測定データとそれに関しての情報開示と説明が欲しかった、という意味で書きました。(DEQX社にある世界中の情報、、、ではない)
それがあればDEQX仲間で電気専門の人に相談したり、DEQX Club で他ユーザーの皆さんとも情報共有ができ、より具体的な進め方ができたと思います。

(5)14.6Vまで下がると立ち上がらない、ギリギリで動作している。。。
   クリズラボからの文章「14.6Vまで下がると立ち上がらない、ギリギリで動作している」は、福井のHNさんがこれを情報開示して下さらなければ、全員全く知らないままで、何もアクションが取れませんでしたので感謝しています。
私の友人のPDC-2.6Pユーザー「八王子のNさん」にボード写真添付で送って相談したところ、「レギュレーターICの選別で問題解決できるでしょう」というコメントでした。
これをクリズラボでの問題への解決策、サポートとしてやって頂けないのでしょうか。この解決策がベストだと思います。
(どの様な作業なのか、作業指示書さえ送ってもらえれば、自分でやっても構いません)
オーストラリア往復の長旅で、電源ボードは治ったけれど他の部分が磨耗破損していたなどの二次災害が出て、問題の全面的解決がさらに難しくなるのは避けたいところです。

(4)対策用の新ボードの製作
   10年ほど前、PDC-2.6Pユーザー「山梨のFさん」がクリズラボに特注してアナログ電源(±15V)の製作依頼したことを覚えています。完成品も見せてもらって写真と回路図も受け取りました。 これと同様な設計で、今回の問題への「対策用HDP-4電源ボード」の製作をしてはどうでしょうか。(前述レギュレーターICの選別の方がシンプルだとは思いますが、、、)
私はメカ開発が専門だったので電気回路は素人ですが、アンプ製作で半田付けは50年やっていますので、詳細な説明(上限何V、下限何V、何A必要、注意事項など)と回路図さえ頂ければ、私は自作しても構いませんし、自分のボードがうまく完成できたら、雪まるださん、福井のHNさんお二人の分も作っても良いですよ。

(5)HDP-4立ち上時間 極端に遅い という問題
   今回の書き込みの始まりは、私が「HDP-4立ち上時間 極端に遅い」という書き込みをして、セプ太さんと大分のTNさんからアドバイスを頂いたことがスタートでした。 我が家ではHDP-4をリスニング位置のそばに置き、パワーアンプは4mほど離れた左右SPの間に置いて、HDP-4が「カチカチカチ」と素早く立ち上がったのを確認してからパワーアンプをONにしていたので、現在の様に遅ければ、なぜ遅い?と感じたと思いますので、以前はもっと早かった様な気がします。ちょうど一年前にクリズラボに行った時は、「カチカチカチ」と素早く立ち上がったのを覚えています。
この件についてのコメントをお願いします。私のファームは現在よりも一つ前のものです。

(5)クリズラボは日本総代理店か輸入業者か?
   クリズラボは日本総代理店だと思っていましたが、ユーザーから見ればどちらでも同じです。 ユーザー満足度をいかに高めるか、その努力を怠らない企業であれば、ユーザーは数年後再びDEQXの新型を買おうと考えますが、問題を野ざらしにされたり、情報が開示されずに「保証期間」が満期になってそのまま切られる、という扱いを受ければユーザーが離れていくのは止めようがありません。これが続けば現在のHDP-5、HDP-4ユーザーにとっても、中古品市場での価格が激減し、ほとんどジャンク扱いでしか売却出来ない事態になりかねません。「たまに電源が入らないことがあります」と正直に書いたら、オークションで入札する人がいるでしょうか。 自分が大切に使ってきたHDP-4だから、全部完全に修理して次のオーナーに譲渡したいと考えるのが、本来のオーディオファンの姿だと信じたいです。

本件に関して、異論反論もあるかと思います。
このDEQX Club への書き込みでも構いませんし、下記私のメールアドレスにご意見を頂いても結構です。「rksszk@cd6.so-net.ne.jp」
 
 
》記事一覧表示

新着順:11/510 《前のページ | 次のページ》
/510