teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


『各局、ご協力ありがとうございました』

 投稿者:JA1BYP  投稿日:2018年 2月 1日(木)22時22分33秒
  年始の定例行事
『各局、ご協力ありがとうございました』
QSOパーテイの申請して、今年も何とかシールを受領。
パーテイ用のQSLを作り、JARLに発送し
一連の作業はこれで完了した。

以下、ログ登録順

JA1ETK、JR1DDL、JI1JBD、JA1CHY、JR1KHU、JR1XNR、JF1XXD
JI1XSI、JE1RMI、JG1DGD、JNIESU/1、JN1VVD、JF1JXU、JG1TCD、
JA1SEL、JF1ELX、7M3HQA/1、JA1QML、JM1IQX、7N2AQT、JI1BZJ、
7M2WMN、JP1VMO、JK1SCM、JJ1EBG



恒例のNew Year Party
普段は殆ど出ていない、冬眠状態から目を覚まし、年始挨拶のQSO
無線をやっている証の寂しい~限定運用
馴れないCQの発報
発報に呼応して、火がついたように、
何局が重なり、パイルになって、呼び出しがかかる。
フォーネティックコードを駆使して聞き返し、何とか確認を取る。
狂乱の世界はこうして25局まで何とか到達し、無事に終了する。

加齢共合せ、聞き取り能力が劣化している。
無線機も空中線もオペレータ同様、加齢の域にあるが、何とか機能している

終わりなき、正月の恒例行事、手続きを済まし、年初のルーチンは
終わった 。
 
 

Conditionは最悪の中JamaicaからQSL

 投稿者:JA1BYP  投稿日:2018年 1月 8日(月)21時19分28秒
  お空はこんなPropagationに代表されるように悪い状態が続いている。
high bandは何処も昼も夜もConditionは赤文字が咲き乱れ『Poor Poor』
で全く寂しいかぎりで静まり返っている。

そんな最中、昨年10月末WW Contest で騒ぎまくって何とか取った Jamaica
6Y0NDQSL BULGARIAQSL managerから手許に届いた。
SASEで送ったのが11月初めであるからその間、約2カ月かかっている。
これでWW ContesではBelize V31VPと併せ2箇所から取得したのは幸運である。
取り分け、今回の6Y0NDについては、QSL入手困難と言われる情報から
おまじないで3$入れ、加え下手くそな英文メモでDXCCでどうしても欲しい
と懇願する、旨のをメッセー ジ付けたのが、多少聞いたのであろうか・・・。
何れにしても闇の中、カリブからのお年玉であった。
 

V31VP(Baliza)からQSL

 投稿者:JA1BYP  投稿日:2017年12月13日(水)11時02分50秒
  深い眠りの中から覚ましてくれたあのカリブ
V31VP(Baliza)から、 コールバックされ、忘れ駆けたDXが蘇ってきた。
そのQSLSASE請求後1カ月も経たない内に律義に手許に届いた。
最近殆どDXの巡り合わせが少ない中で、こんなに早く、QSLが送られてくるとは
比較のしようがないが、ともかく貴重なNEW ONEである。

二匹目のドジョウは?と案内役「 DX SUMMIT 」を開いてサーチするも、バンドは
ノイズの深い闇の中、に入ってしまった
 

西アフリカGuinea 3XY1T

 投稿者:JA1BYP  投稿日:2017年12月 1日(金)20時41分11秒
  地球上、日本の裏側で日本からかなり離れ、縁の遠いアフリカ西海岸がある。ここから3XYIT(GUNIA)のペディションクルーに、当局(JA1BYP)が何とか拾って貰った様子は当ブログでもその様子は書いた。
送られてきたカードから、移動台車に載せられた巨大なお化けタワーF5UKW 4EL SPECIALから、「3XYIT」を世界に呼びかけ運用した。
お化けアンテナにも助けられ、弱小パワーの当局も辛うじて拾ってくれたその一つである。

耳だけの感覚で、確かに拾ってくれたのか、物凄い早さで多数の局を裁き、本当にコールサインを捉えられたのか、終わった後も確証を持てない。

交信後、交信記録をネットに公開されているログシートで、当局も交信されている旨の記録を確認し、幻の交信でなかったことにほっとする。
面倒な手続きで先方にPAY PAL5$を送り、受領確認した上でメールで拙速な英文でQSOデータと併せ、QSLの請求をした。
たかがQSLカード如きに5$の請求はこれまでのDXでも一番高く、何故こんなに高い請求と思った。しかし、辺鄙な現地に設営・運用で全世界にサービスとなるとかなりの負担と思われる。
家に居ながら、彼らのサービスの受益を考えると、少々でも負担義務があるだろうと、寄付と思えば納得できる。
面度な手続き、貧乏人には高額な負担と、疑心暗鬼でひたすら、待ち続けること2カ月、カードが送られ、改めて手にするカードの重さを感じつつ、このカードとの巡り合わせが嬉しい。
毎度のことながら、全世界からの呼び出しに、パイルの渦の中、ほんの、数秒間の交信に命かけての、DXであった。
コンディションが悪い中、殆どDXCCのNEW ONEの巡り合わせも少なくなってしまった。
 

14メガにノイズと抑圧!!

 投稿者:JA1BYP  投稿日:2017年11月10日(金)15時16分35秒
  11月9日、10日、此処こ数日間、日中は14メガ帯全域の14.145~.250MHZに、バリバリと言うノイズ音に合わせてS9程の抑圧がかかり、他の電波が全く聞こえない。

夜間になるとピタリと収まり、何かローカルでの工事か工場のマシンから発生と思っていたが
その発生源が確かめられないまま、半ば諦めていたが、思い切って総務省関東総合通信局に
相談した。

<総合通信局から>
以下回答を頂いた。
総合通信局でもこの電波を確認しており、発生場所は大陸方面からで、過去にも同種の電波を
確認している。
手の及ばないところで、暫くは続くと、考えられる。

<冷戦の姿か>
何処からか特定は出来ないが、冷戦状態での国家間の抗争が、こんな形で妨害していることが
明らかに推測できる。水面下では垣根を越えて、アマチュア無線にも及んでいる現実の姿を、改
めて思い知らされる。
地域で起きた小事と思っていたが、大陸を越えて、やってくる計り知れないエネルギーで広範囲
の障害を起こしている、事実が判った。
現状、発生時間も特定できず、ある時間突然現れるが、これが出たら諦めるしかない。
 

鉄砲も砲手も、今や錆び付きそう

 投稿者:JA1BYP  投稿日:2017年11月 6日(月)17時54分55秒
編集済
  南太平洋の遥か孤島(地図参照)
Palmyra & Jarvis Is.K5P
2016年幕開け、賑わいを見せるPalmyra祭りに参加
毎度のように、ハイパワー局の砲声に交じり、
連呼の嵐が漸く届き獲得した貴重な1局
大分時間が経ってしまったが、QSLを見ながら
当時の奮戦振りを振り返る

因みに当時のコンデションはSn38, Noize:S0-S1
15M:Fair
であった。
しかし、本日'17ー11ー6のコンデションはSn0, Noize:S0-S1
15M:昼、夜ともPoor。

これでは爺々も深い眠り似つくしかないか
溜息も出ない

「下手な鉄砲、数打ちや当たる」
先月、WWコンテストでは
鉄砲の撃ち方も忘れてしまい
慌てたが、何とか事なきを得た。
加齢と共に鉄砲も砲手も、今や錆び付きそう
 

V31VPのLOGに眩しく、三拝九拝

 投稿者:JA1BYP  投稿日:2017年11月 3日(金)11時15分40秒
  2017 CQ WW DX コンテスト
SSB: 10月 28-29日
久しぶりの歓喜に燃え上がったことは既報
の通りであった。
未だ、その時の昂奮覚めやらぬ内にと
戦いの後、幻のNEW ONEでなかった事を
ネットで確かめる。
V31VP(Baliza)は表記の通り、CLUB LOGに
輩のコールがしっかり乗っており
久しぶりの姿に、参拝九拝した。

6Y1LZ(Jamaica)は全く感心ないのか、
CLUB LOGには登録されていなかったため
確認出来なかった。

出来れば両方とも確認した上で、
QSLのSASE請求をしたかったが、リスク
覚悟で請求した。

果たして、その回収成果はどうなるか
家宝は寝て待とう。
あの騒然としたWW DX コンテストの祭りの騒ぎ
に、何とか当たりがないか、
竿を投げるが、バンドは再び静かな眠りに
入ってしまった
 

カリブの夢覚めやらず

 投稿者:JA1BYP  投稿日:2017年10月30日(月)17時43分44秒
  2017 CQ WW DX コンテスト
SSB: 10月 28-29日

2年前以来のコンテスト
2015/10/24~26CQ WW DX SSB コンテスト
があったが、完全に空振りで殆ど手応えのないまま終わってしまった。

最近のコンディション低迷に体を張って、リグの前で捲土重来を待ち続ける
のはいささか抵抗もあった。
1日目はNEW ONE狙いで、追かけたが、
折しも22号台風の襲来の影響下、雨天の影響でノイズが高く、遥か低い
微かな音の中、呼べど叫べども全く反応もなく、やはり駄目かと諦めていた。
30日の9時コンテストの終了を控え、駄目元で7時頃から最後の足掻きをと
リグに張り付いた。
おやと思うほど、あんな静かなバンドであったが、カリブ海の周辺がフワット
開けてくる。
ここぞと、絶叫マシンで連呼、6Y1LZ(Jamaica)続いてV31VP(Baliza)
コールバックされた。
信じられない、あれほど連呼しても、全く反応なく、ハイパワー局に次ぎ次ぎ
拾われる散々たる敗北かと思われたが、目の前の奇跡に舞い上がってしまい、
昂奮した。
長い、長い冬籠もりが、なんのきっかけで、絶叫マシンの放銃連呼に目を覚ま
したのか、家族も驚いていた。
折しも、連続台風の本土襲来で各地で被害を齎した。21号大型台風襲来に備え、
風圧回避でローテータを廻そうと思ったら、動かなくなってしまった。
コントローラの大事な要部を担う、輪ゴムが経年劣化で切れてしまった。
原因を掴めぬまま、屋根上のローテータをばらして、無数のボールベアリング
と激闘した、何年前の過去に苦い経験をしており、原因は直ぐ判った。
既にローテータは持ち主同様、何時倒れても奇怪しくない、20年近く経つ、老
成品であるが、輪ゴムを調達して、自前で何とか修復出来た。
今回のコンテストもローテータは老骨に鞭打ち、東西南北、何とか動いてくれた。

老骨とも併せ、倒れそうなローテータも併せ、爺さん同士が支えながら、カリブの
夢を未だ追っかけている。
 

New Year Party 晴れてシールを貰う

 投稿者:JA1BYP  投稿日:2017年 2月14日(火)17時47分8秒
編集済
  年始の定例行事
QSOパーテイの申請して、今年も何とかシールを受領。
パーテイ用のQSLを作り、JARLに発送し
一連の作業はこれで完了した。

QSLカードのセリフも、色々考えたが、このどん底のような
コンデイションについついセリフも愚痴っぽくなってしまった。

悪いなりに昨年の今ごろは微かに拾えたが
今年は網の目にも掛からず、深い深い谷底のような状態が
続いている。何時になったら、光が射すのやら。
 

New Year Party 2017

 投稿者:JA1BYP  投稿日:2017年 1月 6日(金)22時01分1秒
  恒例のNew Year Party
2日は伊豆半島、今井浜で宿泊、翌日伊豆シャボテン公園
でカピバラと戯れ、昼頃現地出発
国道135号線、 横横、保土ヶ谷バイパス、国道16号線と
帰省ラッシュに重なり
目茶苦茶混み
帰宅は19時で既に真っ暗闇

この闇の中、コンテストに向かって、無謀にも突っ込む
QSOパーテイはタイムアップまで残り2時間
わ~、今年は時間切れで失格か!!
相手もあることだし、
今まで積み上げた、通年の記録も
流れてしまうのか、半分諦めの気持ちも
あったが、"駄目もと"で挑戦してみる。

何時も、がら空きの430MHZ帯,
びっしりとバンドは詰まっている。
交信の切れ目、CQの呼び出しに、
応じても良いが、待時間に局数の積み上げは悪い。
決められた時間内に局数を稼ぐには
最早CQの発報しかない
馴れない運用操作、しかし此処はやるっきゃない

発報に呼応して、火がついたように、
何局が重なり、パイルになって、呼び出しがかかる。
加齢共合せ、聞き取り能力が劣化している。
早く、正確にコールサインと思うが
アルファベットのフォーネティックコードも、乱れ
中々取りきれない
引っかかると、テンポの良い対話が損なわれ、
相手局に迷惑をかけ、運用練度を問われる


正確なコールが取りきれないまま、入力操作する。
相手がハムログ登録ユーザーだと、コールサインの入力だけで
オペレーターネームと住所が自動変換され、救われる。
しかし、登録されていない局が多く、名前、住所の個別入力は
交信中に出来ない場合はメモだけ取り、後で入力する。
交信しながらリグの送受信の切り換えと、パソコンのキー操作
更に、メモ取りと千手観音のような忙しさである

狂乱の世界はこうして25局まで何とか到達し、なんとか終了時間
を迎え終了する。

当日、お世話頂いた局は以下の通りであった。

『各局、ご協力ありがとうございました』
以下、ログ登録順
JK1RTZ,7N1NCU,JG1TAP,JF3OJO/1,JG1WGI,7N3XXU,JI1MWX
JL1SFV,JL1MCA/1,JN1JVA,JI1TRD,JR1DQH,JR8III/1,7N1HPL
JS1JTA,JF1XLP,7K1QZN/1,JJ1NYH.JQ1JXC,7K1VKU/1,7K2UTW
JT1RWG,JA0DSI/1,JE1NGI,7M3URL

本日(6日)、ハムログからログシートを打ち出し
サマリーシートを作成
JARLへ提出
 

レンタル掲示板
/43