teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


(無題)

 投稿者:fc2  投稿日:2017年 3月 2日(木)23時51分25秒
  Dr Shin's ちゃん  
 

鶴見線めぐり

 投稿者:稲生メール  投稿日:2009年12月 5日(土)23時29分30秒
編集済
  Dr Shinさん、どうも御無沙汰しています。

神奈川県の郵便局めぐりが完訪となった記念に鶴見線のプチトリップをしてきました。
まず自家用車では乗り入れのできない海芝浦駅以外を、自家用車で廻って駅舎を撮り、それから鶴見駅・海芝浦駅の往復をしてきました。

拙HPの下記のアドレスに少しまとめましたが、その最後にDr Shinさんの鶴見線探訪記のページをリンクさせていただきましたので、ご了承願います。

http://8.pro.tok2.com/~secondinou/burari/turumisenn/turumisenn.htm

 

(無題)

 投稿者:admin  投稿日:2008年 1月22日(火)21時14分45秒
  test  

管理人さま

 投稿者:itou  投稿日:2007年 2月17日(土)20時11分14秒
  今日は、天龍村平岡駅周辺の飯田線廃線、廃トンネルを見に行ってきました。平岡へ行くときは兵越峠を通りました。道が部分凍結していましたが、注意度MAXにしてなんとか夏用タイヤで通過できました。路面を見ると何台かの車の通過があるらしく、凍結防止剤がまかれていたので助かりました目的地付近には信号による交互通行のトンネルがあったはずでしたが、2車線の広いトンネルが新たに作られていて、金網フェンスでふさがれていました。目的の飯田線廃トンネルはすべて中に入れる状態で興奮(笑)しました。今回は単独だったことと侵入するための道具が忘れてきてしまいましたので入るのをやめました。
帰りは、県道一号線を通ってきました。スリリングな道ですね、あそこは・・・もちろん対岸の288号線もみてきましたが、なんら変化はありませんでした、でも巨大の落石跡の山側の方にだれかが向こうへ行ったらしく太いザイルが張ってありました。今度はチャリでも持ってきて走ってみたいです。小和田は都合でいけませんでした。昼食は富山の栃の木でカツカレーをたべました。非常においしかったです。静岡県民的には288号線復旧してほしいと感じましたね、静岡空港に金つかうよりは・・・(何しろ計画から20年たっていてあの状況・・・)
 

最近の三遠南信

 投稿者:管理人  投稿日:2007年 2月16日(金)05時11分30秒
  itouさん、はじめまして。
最近の三遠南信については、管理人である私が訪問困難であることから情報が全く無い状況にあります。小和田駅周辺の道の状況や県道1号、静岡県道288号(佐久間ダム東岸廃道)などを訪れることがありましたら、ご報告いただけるととても嬉しく思います。
 

はじめまして

 投稿者:itou  投稿日:2007年 2月11日(日)23時06分33秒
  飯田線のことで調べていたらこちらへたどりつきました。天竜スーパー林道ですか?免許取った翌日に親に強引に連れられてスーパー林道全線走破したことありますよ。(若葉マークの5ドアアルトで(笑))つい最近では佐久間の県道一号線、夜中に連れ2人と走破しようとしましたが、連れ2人が暴動起こしそうになりましたので引き返してきました。こちらも再挑戦しようかと思います。  

中日新聞より転載

 投稿者:佐太トンネル  投稿日:2006年12月 8日(金)08時26分6秒
  旧富山村見守った石碑倒される
出身者「魂汚されたよう」と憤り
 佐久間ダム建設の移転により、今は無人になっている豊根村富山(旧富山村)の佐太地区で、山里の歴史を刻んだ石碑5基が何者かによって、すべて倒されているのが見つかった。同地区出身で発見したNPO法人事務局長鎌倉聡さん(50)=同村富山久原=は「何のつもりか分からないが、魂を汚されたようでやり切れない」と憤っている。

 倒された石碑は年代は不明だが、近くを流れる天竜川の運航安全を祈願したとされる高さ2メートル、幅1・4メートルや、1907(明治40)年建立で高さ1・4メートル、幅1メートルの戦没者を慰霊した忠魂碑など。この2基は、いずれも花こう岩の自然石で重さは2トンと1・5トンほどもあり、コンクリートの土台に固定されていた。

 現場は旧村の北端で長野県との境。県道からは下を流れる天竜川方向へ100メートルほど下った杉林の斜面にある。石碑は水没個所から1カ所に集められ、祭ったとみられる。現在は廃屋になっている鎌倉さんの生家からは30メートルほど離れており、普段、人が立ち入ることはないという。鎌倉さんが11月下旬にユズを採りに出掛け、石碑が倒れているのを見つけた。

 今も旧村内に住んでいる同地区出身者は鎌倉さんだけ。「関係のない人にはただの石かもしれないが、われわれにとっては心のよりどころ。佐太を離れた人たちが知ったら悲しむだろう」とまゆをひそめる。以前にも、生家に残してあったランプや柱時計が持ち去られることがあったという。

 同地区は55(昭和30)年に佐久間ダムが建設され、大半が水没するまでは約30戸の民家があった。住民は豊川市や新城市などへ移転したが、鎌倉さんの生家だけは75年ぐらいまでとどまっていた。

 鎌倉さんは「このままでは、魂が鎮まらない。何とか、年内には元に戻したい」と、ダムによって移転せざるを得なかった住民の声を代弁している。

 人口の少なさから「日本一のミニ村」として知られた旧富山村も、昨年11月に豊根村と合併し、村名が地図から消えた。

 (野末幹雄)
 

富山村が消滅

 投稿者:稲生  投稿日:2005年11月27日(日)10時56分57秒
  Dr Shinさんならびに三遠南信ファンの皆様、こんにちは。

本日をもって、愛知県北設楽郡富山村は単独自治体としての機能を終了してしまいましたね。
無料だった富山村営バスも来年4月から有料となってしまったりと、あまりいい方向に向かう気配はないようですが・・・
何はともあれ、消滅2日前の11.25に取り急ぎ取材してまいりましたので、御笑覧ください。(下記URL)
なお、その2最後の参考として、こちらDr.Shin's WebsiteおよびJフェリーさまのサイトを紹介させていただきましたので、ご了解願います。

http://8.pro.tok2.com/~secondinou/syoumetu/syoumetu-11/syoumetu-11.htm#sono31

 

(無題)

 投稿者:GR  投稿日:2005年11月18日(金)23時22分48秒
  こんにちは、はじめまして。

実は、私は県道428を通行したことがあるのです。
私が小学校に入学する前なので、25~30年前のことです。

私の母の実家が富山で、毎年、盆と正月は富山に帰省しておりました、
ある年の夏、県道1号が通行止めだったので、迂回路として県道428を通行したようです。

幼かったもので、断片的な記憶しかないのですが、未舗装路で、林の中の断崖絶壁だった
記憶があります。

父曰く、県道一号もガードレールもなく恐ろしい道だったそうです。
35年程昔の話ですが。。。
 

(無題)

 投稿者:DUKE  投稿日:2005年10月16日(日)19時58分1秒
  無名氏様、ありがとうそざいました。やはりあの道路は一応上まで通じているのですね。あの進入路から橋を越えて少し南側にある採石場(?)から上を見上げるとガードレールらしきものが見えますが、あれがその舗装道路の一部なんでしょうか?霧石峠からの林道、チェックしてみます。ありがとうございました。  

レンタル掲示板
/11