teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


Re: 各出力のレベル設定について

 投稿者:Kurizz-Labo:栗原  投稿日:2017年 8月 2日(水)21時39分54秒
返信・引用 編集済
  大分のTNさんへのお返事です。

貴重なご質問、ありがとうございました。

> Calibrationの結果(SP補正データー)は使用せず、Crossoverのみの場合、レベル調整を行う方法は?

> Control Panelのチャンネル出力レベルで調整はできますが、他の方法は・・・


・チャンネルデバイダーのみの場合、ゲイン調整はご指摘の通り「図1」の方法しかありません。

・図2がその理由です。

・チャンネルデバイダーは帯域を区切るだけなのでユニットの特性はそのままです。

・このため、各帯域のレベル調整だけでは全体をフラットにすることができません。
 (全てのユニットがフラットであれば可能ですが・・・・)

・一方、DEQXは指定した帯域内で±0.2dB以下(デフォルト値)の特性を目指します。

・このためには、まず各ユニットの特性をフラットにする必要があります。

・フラットであればチャンネル毎のゲイン設定は自動化出来ます。

・しかし、チャンネルデバイダー機能のみだとユニットの特性が不明なため自動でのレベル調整できません。

・運悪く(良くあることですが)ユニットが図2のような特性だとレベル調整だけでは永遠にフラット化は出来ません。


・さて、肝心のご質問ですが、

> この機能と同等の設定をConfigを行う際にはできないのでしょうか?

・上記により残念ながら「SP補正と同等の自動レベル調整」はできないと考えます。

・一般的なチャンネルデバイダーのレベル調整機能がDEQXでは図1のレベル調整となります。

・私自身は図1の設定情報がConfigデーターに保存できれば便利だと常々考えています。


<補足>

・DEQXはスピーカーの特性をフラットにすることを条件にチャンネルデバイダーは基本機能のみとなっています。

・しかし、位相が平坦で1Hz単位の指定が可能、300dB/oct.のスロープが作れるなどその基本性能は抜群です。

・もし、チャンネルデバイダー専用の製品(※など)を使えば下記のような設定が可能となります。

     ※ ベリンガー / DCX2496(3万5千円)


1.一つのクロスオーバーに対して分離した周波数を指定できる

2.スロープ特性を別々に設定できる

・こうした機能を上手(強引に?)に使えば図2のようなユニットでもある程度の平坦化ができます。


・その上で精密なゲイン調整を行えば全帯域のフラット化もある程度は可能だと思います。


・ただし、これらの調整はDEQXなら1時間程度ですが、チャンネルデバイダー専用機の場合、私だと数ヶ月・・・

・・・・・CMでした。

クリズラボ:栗原(記)


--

http://www.kurizz-labo.com/index.html

 
 

Re: JBL E130

 投稿者:大分のTN  投稿日:2017年 7月31日(月)21時38分45秒
返信・引用
  > No.477[元記事へ]

埼玉のTYさんへのお返事です。

E130のステップ応答,とても素直な特性を示していますね。f特では
6~7kHzにピークが見られますが,使用帯域外ですから問題ありませんね。

ドライバの振動系が軽く能率もかなり高いので,数Wのアンプでも楽に
ドライブできますし,38cmクラスでも比較的高めのクロスオーバー周波数が
無理なく設定できそうですね。

EQ補正も,有り,無しを比較するとバランスよく補正されていることがわかります。
大変参考になります。

> ここで,EQを弄った直後にCtrl+Zを受け付けてほしいと思いました。

これは私も度々同じような不便を感じていましたので,Ctrl+Zがあると有り難い
ですね。ついでにEQのコピペができるとなお便利なのですが・・・

そういえば,DEQXのマニュアルを読むと,サブウーファのCalibrationは近接測定で
行うようになっています。これを3wayにまで拡張し,50Hz付近までCalibrationを
適用可能とするideaはオリジナリティの点からも大変素晴らしい方法だと思います。
 

JBL E130

 投稿者:埼玉のTY  投稿日:2017年 7月31日(月)17時35分19秒
返信・引用
  JBL E120(30cm)を使って,その浸透力とスピード感に感動したのは
よかったのですが「38cmは?」という衝動を抑えきれずにE130に
手をだしてしまいました。この度はE130を使ったシステムが聴ける
ようなレベルになりましたので投稿します。

2枚目の図上側はスピーカから15cm位の距離で測ったE130のステップ
応答です。立上がり,立下り,収束が良好に仕上がったと思います。
高い周波数の振動も同時に見えます。下側は周波数応答で6~7kHz
にピークがあり,これがステップ応答で見えたと考えられます。
300Hz位からダラ下がりですが,意外と素直なf特です。330Hz位から
分割振動らしき暴れが見えます。700Hz位まで使っても大きな問題
はなさそうですが,350Hz前後でクロスさせますので,まあまあ
「美味しいとこ取り」ができそうです。

3枚目の図上側はリスニングポジションでのf特でEQ補正しています。
下図はEQ補正なしの特性で,ひどいものです。もはやルーム補正無し
では聴けません。

マニュアルEQを使えば見た目はいくらでも良くできますが,多くの
ソースで心地よい状態を作るには少々時間がかかりますね。f特では
見えにくい調整をチョコチョコと行い,まぁ何とか聞けるように
なりました。ノートPCを太腿に置き聴きながらの調整に最も時間を
使います。

ここで,EQを弄った直後にCtrl+Zを受け付けてほしいと思いました。
マウスで弄った後「さっきの方がよかった・・・」と思うことが多々
ありますので。ソフトのバージョンアップ時の要望です。
(バージョンアップしたらHDP3は切られちゃったりして・・・)

さて音は・・・E120の低音は量感は少ないものの,体に当たらず
透過するようなスピード感と鋭さがあり,生の質に極めて近い感じ
でしたが,それに比べると若干重く感じます。気持ちオーディオ的な
音にはなりましたが,スピード感は十分あり38cmウーハーが置いて
行かれる感じは全くありません。なかなか良い感じです。

今回はツイータを入れ替えるのとは訳が違って,調整に時間がかかり
ました。しかしDEQXが無かったらどれだけかかるか,想像もしたく
ありません。オーディオ愛好家にとってスピーカを入れ替えることは
人生にリセットをかけるようなものですから。

 

Re: 各出力のレベル設定について

 投稿者:埼玉のTY  投稿日:2017年 7月28日(金)10時45分14秒
返信・引用
  > No.475[元記事へ]

大分のTNさんへのお返事です。

グッズのご紹介,ありがとうございます。
今回ご紹介頂いグッズは,早速買ってツイータ台の下に置いてみようかと
思います。DEQXで他の不安要素を極力排除しておいた状態で小細工をすると
それが効果的なのかどうかわかりやすいと思います。とは言うものの,
小生のオーディオルームの壁には高価で効果は認められなかったセラミック
の丸い小片が張り付いたままになっています。過去の迷いに対する戒め的な
存在として残しています(あとオーディオマニアっぽくも見えるので)。

メーカー製(あるレベル以上)のスピーカはやはり完成度が高いと思いますが,
それを生かすも殺すも部屋(80%?)と使いこなし(20%?)だと思って
います。中途半端な努力ではiPhone付属のイヤフォンよりも音楽が楽しめ
ないんじゃないかと思っています。DEQXを使うと部屋の問題もほとんど解決
できますし,マルチアンプ使用であれば自作スピーカの方が自由度が高く,
少ない投資でより自分好みに持っていくことができると今では思っています。
普通は「自作×マルチ=泥沼」が成り立ちますがDEQX使用では,気楽に色々
試して短時間で脈があるかどうか判断できますのでその心配は要りませんね。

新ウーハボックスがなじんできましたので近々報告します。

 

Re: 各出力のレベル設定について

 投稿者:大分のTN  投稿日:2017年 7月28日(金)00時51分58秒
返信・引用
  > No.473[元記事へ]

埼玉のTYさんへのお返事です。

面白いユニークなアイデアをご提案頂き,ありがとうございました。

マイクとスピーカをすっ飛ばして理想スピーカをバーチャルに想定し,
Calibration fileをCrossover filterとして作成する(ゲイン設定は
簡単なアッテネータを作っておこなう)ことまでは思いつきませんでした。

考えてみるとcrossover filterのみで聴くことはDEQXシステムを使う
意味がありませんね。あくまでもでもデモなどでCalibrationの効果を
比較試聴できるよう,一つのprofileに設定しておくことになりますが,
稼働率はかなり低くなりそうです。

ところで今回,ミッドドームを組み込んでの試聴している際に気づき
ましたが,36mm厚のバッフルとドライバで10kgを超える重さにも
係わらず,バッフルを手で触ると低音用エンクロージャからの振動がかなり
伝わってきていました。

インシュレータとしてフェルトを使ってみましたが殆ど効果がなく,
試しに写真のような百均で購入した衝撃吸収パッド(5mm厚)を底に
貼ったところ,見事にバッフルの振動が収まりました。効果抜群です。

ウン千円もする高価な金属製のインシュレータなどより遙かに振動の
遮断効果が期待できます。
 

Re: ダブルウーハーの別アンプ駆動?

 投稿者:セプ太  投稿日:2017年 7月26日(水)22時56分51秒
返信・引用
  > No.472[元記事へ]

具体例を聞かせて頂きありがとうございます。
この場合、DEQXの補正はどのようにかかるのでしょうか?
同じ帯域の2CHが個々のウーハーに出力される訳ですが、2つのアンプへの補正データは同じなのでしょうか?
 

Re: 各出力のレベル設定について

 投稿者:埼玉のTY  投稿日:2017年 7月26日(水)22時17分11秒
返信・引用
  > No.471[元記事へ]

大分のTNさんへのお返事です。

これまでにかなり遊んでいますがCrossover filter使用で各ドライバの
ゲイン調整はControl Panel以外ではできないような気がします。
ConfigurationのLevel設定は全体のゲインのみですし。
Profileに記述できないので気持ち悪い感じはありますね。また,
Control Panelの設定は,Stand-byにせずいきなり電源を落とすと
稀に初期化されてしまうことが(HDP-3では)ありますので是非とも
Profileに記述したいところです。

変なアイデアを思いつきました。実行していないので実現性は?です。

マイク入力端子を直に出力端子に接続し,スピーカとマイクを介さず
Measure Speakersを実行して,全くフラットな仮想スピーカを
計測します。その際,ファンタム電源(+48V)は停止します。また
ドライバごとにメインボリュームを変更するなどして感度差をつけて
各ドライバのゲイン設定をします。DEQXの入出力回路はさすがに
フラットでしょうから,実質,クロスオーバーフィルタとゲイン調整
のみの補正フィルタができ上るかと思われます。

これを作っておけば「DEQXの補正機能だけないモード」がつくれ
そうです。ただし,完全フラットのスピーカだとどこかでエラーが
でるとかありそうです。また,いちいちXLRを差しなおすのも面倒
です。直接続ですとゲインが高すぎでしょうか。やってみないと
わからないですね。

 

Re: ダブルウーハーの別アンプ駆動?

 投稿者:八王子のS  投稿日:2017年 7月26日(水)11時03分45秒
返信・引用
   久しぶりにDEQX Clubを覗いてみたら「ダブルウーハーの別アンプ駆動?」という記事で、我が家のSPシステムのイラストが掲載されているのを見つけました。 これはレイオーディオを導入した当時、どの様な接続がベストなのか、栗原さんに質問した時のものだと思います。

 我が家のレイオーディオRM-6Vはダブルウーファー構成なので、これをDEQXを使ったマルチアンプではどうするか、当時はMark Levinson のアンプ(Model 23)を2台所有していたので、このパワーアンプ2台分(合計4チャンネル分)で4台のウーファーをドライブすることにしました。Mark Levinsonでは「BTL接続用キット」も用意していて、これを使えばBTL接続にして使うことも可能になるので、これも試してみました。

 結論としては、合計4チャンネル分で4台のウーファーをドライブした場合と、BTL接続の場合とを比較して、大きな差異はないということになりました。(他のお宅のシステムでは異なった結論が出るかも知れません)
BTL接続にすると歪の低減が期待できるとか出力が大幅に増加するなどのメリットが言われていますが、能率が100dBあるレイオーディオにこれ以上の大出力は必要なく、我が家のTAD 1601Bウーファーの帯域は「350Hz以下」ですので「歪の低減」も実感できませんでした。(我が家ではこの「合計4チャンネル分で4台のウーファーをドライブ」の状態で6年ほど楽しみ、現在は同様の接続でJeff Rowlandのアンプに移行しました)

 Mark Levinson Model 23の様な大型のアンプを2台も置くと、SPシステムの間のスペースが狭くなってしまいますが、当時使っていたレイオーディオ純正のSPケーブルは直径が18ミリほどの太く硬いもので、ダブルウーファー2台分のケーブルをアンプにまとめて接続すると、アンプのSPターミナルが心配になるほどでした。そういう意味では、2台のウーファーを各々アンプでドライブするメリットがありました。最近のAccuphase A-200やA-250には、1chあたり2組のSPターミナルが備わっていて、これはダブルウーファーのユーザーにはありがたい設計だと思います。
 

各出力のレベル設定について

 投稿者:大分のTN  投稿日:2017年 7月25日(火)17時53分11秒
返信・引用
  DEQX-Calを使用する際,まずスピーカの素の特性を測定し,その測定データを元にCalibrationを行い,Configで各Profileに設定します。

マルチアンプ方式の場合,Low, Mid, Highのレベル等はCalibrationで自動的に補正されますので,自分でレベルの調整を行う必要はありません。

しかし,1つのProfileにCalibration結果は使用せずにCrossoverのみを使った設定を行う場合には,各出力のレベルを自分で調整する必要がでてきますが,その調整を行う項目が見当たりません。

Control PanelのIO Managerにある'Output Control'で核出力のレベル調整はできますが,この機能と同等の設定をConfigを行う際にはできないのでしょうか?

当方もまだ十分にDEQX-Calを使いこなしているわけではありませんので,このレベル設定についてどなたかご存じでしたらご教示頂けますと助かります。
 

Re: Step response correction ??

 投稿者:大分のTN  投稿日:2017年 7月23日(日)21時01分53秒
返信・引用
  > No.468[元記事へ]

Kurizz-Labo:栗原さんへのお返事です。

失礼な話のふりかたをしたにもかかわらず,分かり易い解説と事例をご教示頂き,ありがとうございました。

オーディオの世界では,入力信号と「殆ど相似」の波形で音響信号がリスナーの耳に届けば,いわゆる究極の「Hi-Fi」となる訳で,その忠実度の目安の一つが「群遅延の平坦性」になっているようです。この群遅延には「位相」と音の伝送時間の情報がバッチリ含まれています。

通常のオーディオ機器による再生音の波形は,入力信号とは随分異なる形になることもしばしばで,ときには視覚的に似ても似つかない波形を聴いていることもありますが,我々の耳(あるいは脳)ではさほど違和感なく「まともな」楽音として聴いて(認識して)います。

この波形再現性より,横軸を周波数にとった「音圧-周波数特性」の変化に対しての方が一般的に聴き取りやすいのは事実で,この人間の聴覚と認識能力が,オーディオの世界で時間領域における「正確な波形再現」への関心を低くしているように思います。

埼玉TYさん,そして栗原さんが追試された群遅延CalibrationでStep response correctionある,なしの結果については,少なくとも時間領域の応答では効果が歴然としているようです。

私自身は埼玉TYさんも述べられている

> 位相とゲインをフラットにするのとインパルス応答やステップ応答を改善する
> のは等価な気がします

とまったく同じ考えですので,まずはオーディオ再生系の原点かつ目標である「Hi-Fi」に可能な限り(数々の妥協もあるでしょうが)近づけるのが王道であると思います。その大きな手助けとなるのがDEQXであり,私のシステムから外すことができなくなっています。
 

レンタル掲示板
/49